このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の エリアナビ の中の 目黒区 今日このごろ の中の 高さ3メートル!お菓子の家登場 自由が丘スイーツフェスタ2017が開催されました(平成29年5月3日) のページです。

本文ここから

高さ3メートル!お菓子の家登場 自由が丘スイーツフェスタ2017が開催されました(平成29年5月3日)

更新日:2017年5月17日

毎年、ゴールデンウィーク期間中に行われている「自由が丘スイーツフェスタ」が今年も開催されました。
5月3日(水曜日・祝日)は歩行者天国となった自由が丘駅前女神広場の特設ステージで、オープニングセレモニーが開催され、多くの来場者でにぎわいました。

オープニングの挨拶に続き、岡田一弥自由が丘商店街振興組合理事長から 栗山雅則 特定非営利活動法人サンクスネイチャーバスを走らす会代表に感謝状が贈呈されました。
サンクスネイチャーバスは、天ぷら油のリサイクル燃料で自由が丘の街を走るコミュニティバスです。サポーターの会費で運営されていて、どなたでも無料で利用することができます。
このサンクスネイチャーバスが運行開始から20周年を迎えることから、感謝状が贈呈されることとなりました。

式典に続いて、ALLOVERおーるおーばーによる元気いっぱいのパフォーマンスが行われ、会場の女神広場は大いに盛り上がります。

鳴戸なると親方(元大関・琴欧洲ことおうしゅう)は、バラの一大産地であるブルガリア出身で、自由が丘森林化計画のバラの取組みにも理解があり、昨年から自由が丘のイベントに数多く参加しています。また、鳴戸親方はスイーツが大好きなことから、今回スイーツ大使に任命されました。

オープニングに続いて行われた「お菓子の家除幕式」では、一般公募で選ばれた自由が丘スイーツキッズ、スイーツ大使の鳴戸親方とお菓子の家製作を担当した田中淳子さんが一緒に幕を開けると、高さ約3メートルの「お菓子の家」が現れ、来場者から歓声があがりました。
このお菓子の家は、クッキーやドーナツなど本物のスイーツ約2000個で作られ、高さは史上最高の3メートルとのことです。

鳴戸親方とコマツガーデンの後藤みどりさんを迎えて、「バラとスイーツと自由が丘」のトークショーが行われました。

特設ステージでは、YuReeNaゆりーなライブ、自由ヶ丘学園吹奏楽部ライブや自由が丘ゴスペル・クワイヤのライブが行われ、スイーツと音楽で満たされた女神広場は、多くの観衆でにぎわいました。

スイーツフェスタに関するお問合せ先

自由が丘商店街インフォメーションセンター 電話番号 03-5731-7274

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで


以下 奥付けです。