このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の イベント情報 の中の スポーツ の中の 碑文谷体育館「ベビー・産後ヨガ」 のページです。

本文ここから

碑文谷体育館「ベビー・産後ヨガ」

更新日:2017年4月15日

ベビー・産後ヨガとは?

赤ちゃんにヨガの動きを与えることで、身体機能と内蔵機能の発達を促すとともに、お母さんの日々の育児で歪んだり、凝り固まっている身体を整えます。是非ご参加ください。

内容

日程

5月30日から7月18日の毎週火曜日(全8回)

対象と時間

コース1 生後3ヶ月(首がすわっている)から9ヶ月(立ち始め)の乳児と母親は、午前10時から午前10時50分
コース2 生後10ヶ月から18ヶ月の乳児と母親は、午前11時20分から午後0時10分

会場

碑文谷体育館談話コーナー(目黒区碑文谷六丁目12番43号)

定員

抽選で各15組

費用

1組 4,000円(保険料など含む)

講師

ヨガインストラクター 西山 朱美氏

持ち物

運動できる服装、バスタオル、飲み物、おむつ、ヨガマット(貸出あり)

内容など詳細をご覧になりたい方は、このチラシをご覧ください。

お申し込み方法

直接(碑文谷体育館窓口へ)、往復ハガキ、ファックスでのお申し込み

直接(碑文谷体育館窓口へ)、往復ハガキまたはファックスに次の必要事項を書いて、5月13日(必着)までに碑文谷体育館へお申し込みください。

  • 「ベビー・産後ヨガ」
  • 希望のコース
  • 郵便番号と住所
  • 参加者と保護者の氏名とふりがな
  • 電話番号、ファックス番号
  • 生年月日か月齢
  • 在園・在勤のかたは通園先、通勤先の名称・所在地

スポーツ講座申し込みシステム(メールでのお申し込み)でのお申し込み

必要事項を入力の上、5月13日(必着)までにお申し込みください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「ベビー・産後ヨガ」のお申し込みはこちら

このページからメールでお申し込みできます。

注意事項1

返信用のアドレス登録は正確に入力してください。入力ミスにより、返信が届かない状況が発生ております。

注意事項2

お使いのセキュリティーソフト、メールソフト、サーバーによっては、こちらからのメールを迷惑メールと判断し、受信拒否や削除してしまう場合があります。ご利用先のマニュアル等をご覧のうえ、こちらからのメールが正常に届くよう設定をお願いします。なお、こちらから送信されるメールアドレスは、@h00.itscom.netのドメインより送信されます。当落結果が届かない場合は、碑文谷体育館までご連絡下さい。

この教室のお問合せ先、お申し込み先

碑文谷体育館

  • 〒152-0003 目黒区碑文谷六丁目12番43号
  • 電話番号 03-3760-1941
  • ファックス番号 03-3760-1943

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ

このページは
スポーツ振興課 計画指導係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9317

ファックス 03-5722-9754

本文ここまで

サブナビゲーションここから

スポーツ

めぐろ掲示板

引っ越しの画像

引っ越しごみは計画的にお出しください
春は転勤、進学などによる引っ越しが増える季節です。引っ越しにともない、家庭から出た不用な家財道具、ごみは適切に処分してください。

 

スマーフォンの写真

振込み詐欺にだまされないで!
毎月15日は「オヤコールの日」。親から子、子から親へ電話をかけて連絡をとろう。聴いてみよう!歌ってみよう!「オヤコールの歌」

スマートフォン画像

メールマガジン
目黒区では、情報発信の強化を目指しメールマガジンを配信しております。必要な分野の情報をパソコンや携帯電話・スマートフォン(多機能携帯電話)にお届けしています。

くらしのガイド表紙画像

くらしのガイド(区民便利帳)
区のサービスや施設の利用方法などの行政情報のほか、医療機関など地域の生活情報も掲載しています。お手元に置いて、折に触れ、ご活用ください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。