このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 人権・男女平等 の中の 人権 の中の 人権啓発のとびら の中の 人権啓発のとびら えせ同和行為について の中の 人権啓発のとびら えせ同和行為について 「えせ同和行為への対応(荷物が送られてきたら)」 のページです。

本文ここから

人権啓発のとびら えせ同和行為について 「えせ同和行為への対応(荷物が送られてきたら)」

更新日:2014年3月26日

質問1 「買う」とも言っていないのに、同和問題に関する高額な図書が勝手に送りつけられました。

答え1

受取りも開封もせずに、「受取拒否」と記入して、配送業者にそのまま持ち帰ってもらいましょう。

質問2 送りつけられた荷物を受け取ってしまい、わからなかったので開封してしまいました。

答え2

「必要ないので受け取りません」とメモ書きを添えて、送料を負担して返送してください。

購入する意思を示していないのに勝手に送りつけられた品物は、本来は返送する義務はありません。たとえ「一定期間内に返事又は返送がなければ承諾したものとみなす」などの文言があったとしても、購入を承諾しない限り売買契約は成立しません。

ただし、荷物に傷をつけたり、書き込みをしたりしてはいけません。購入の意思があるとみなされる場合があります。

品物を返送する義務はありませんが、後々のトラブルを避けるためにも、送料を負担して、配達証明郵便等で「購入の意思がない」旨を明記したメモとともに、早めに送り返しましょう。配達証明があれば、確実に相手側に返送された証明になり、万一トラブルが生じた際の証拠になります。その際、後々のトラブルを避けるため、返送によって図書が傷つかないよう、梱包には十分に配慮してください。

質問3 断ったのですが、個人的に買えと言われ、つい「購入する。」と言ってしまいました。

答え3

クーリング・オフが適用されますので、8日以内に申込みの撤回をしてください。一日も早く、消費者生活相談窓口に連絡、相談をして、具体的な対応について助言を受けてください。

時間が経過することはトラブルの原因になります。早めに対応しましょう。

えせ同和行為相談機関一覧

初期の対応が非常に重要です。不明な点や不安がある場合は、直ちに相談機関に連絡して助言を受けましょう。

お問合せ

このページは、人権政策課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9214

ファックス 03-5722-9469

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.