このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 計画・政策 の中の 計画・施策 の中の 基本構想・基本計画・実施計画 の中の 目黒区基本構想 の中の 目黒区基本構想 第6章 基本目標を実現するための施策の基本的方向 のページです。

本文ここから

目黒区基本構想 第6章 基本目標を実現するための施策の基本的方向

更新日:2007年11月30日

三つの基本方針に沿って、四つの基本目標を実現していくために必要な施策の基本的な方向を、次のとおり定めます。

1 豊かな人間性をはぐくむ 文化の香り高いまち

(1) 平和と人権施策の推進

「目黒区平和都市宣言」の普及や平和祈念事業を通じて、平和に対する意識を高め、平和を築き守る取組みを推進するとともに、外国人との交流を進め、国際理解を深めます。また、区民一人ひとりが、地域社会の中で自立した人間として、性別、国籍、年齢、障害の有無等にかかわらず、個性と能力を十分に発揮でき、平等に社会参画ができるように環境を整備するとともに、人権意識の高揚を図ります。

(2) 生涯学習の推進

区民一人ひとりが生涯を通じて、いつでも、どこでも自由に学習機会を選択し、いきいきと学び、学び合うことができる豊かな学習社会の実現を目指し、学校教育、社会教育の分野を含め、生涯学習の基盤整備を進めます。

(3) 地域ぐるみの教育の振興

いじめをなくし、自他の生命を大切にするなど、子どもたち一人ひとりが心豊かに育つことを目指し、学校、家庭及び地域社会が連携して協力を深め、地域の教育機能を高めます。また、開かれた学校を推進するために学校施設・機能の開放を進めます。

(4) 学校教育の振興

子どもたち一人ひとりが、生涯を通じて心豊かに主体的・創造的に生きていくことができるように、基礎的な学力、自主的判断力、豊かな情操などの資質や能力の育成を進めます。また、区立学校、区立幼稚園については、児童、生徒及び園児にとって望ましい集団規模を確保しつつ施設の整備・充実に努め、私立幼稚園に対しては幼児教育全体の質的向上を図るため各種の支援事業を進め、教育環境を向上させます。

(5) 社会教育、スポーツ・レクリエーションの振興

区民一人ひとりが生涯を通じて、生きがいづくり、健康づくりを進めることができるように、児童、生徒から高齢者までだれもが参加できる活動の場、学習機会、スポーツ・レクリエーションの機会を提供するとともに、指導者の育成・確保、情報の提供を通じて区民の活動を支援します。

(6) 芸術文化の振興

区民が優れた芸術文化に接する機会を提供するとともに、区民の芸術文化活動を支援し、新しい文化の創造に寄与する各種機会を提供します。
また、郷土に伝わる文化財を、保護・継承します。

2 ふれあいと活力のあるまち

(1) 豊かなコミュニティの形成

地域に住む人、地域で働く人や学ぶ人、また、高齢者、障害者や外国人など さまざまな人びとや企業が地域社会に参加し、互いを尊重し理解し合いながら、豊かな交流と温かなふれあいのできるまちを目指します。そして、地域活動団 体や個人によって、まちづくり活動やボランティア活動、生涯学習活動など、 さまざまな地域活動が自由に展開されることを通して、自主性と連帯感に基づ いた住民主体の住みよい地域社会の形成を進めます。

(2) 魅力ある商店街づくり

それぞれの商店が創意工夫により発展するとともに、商店街のイベントなど 商店の自主的活動を活性化させ、地域のまちづくりと連携しながら、地域の核 として、交流の場、憩いの場、ふれあいの場となるにぎやかで魅力的な商店街 づくりを目指します。

(3) 産業の振興

社会経済情勢の変化に中小企業自らの力で迅速かつ柔軟に対応できるよう、 中小企業の経営基盤の強化を図るとともに、新しい時代を担う地域産業の創出・育成支援などを進め、地域社会とともに発展する区内産業の活性化を目指します。また、中小企業をはじめ、あらゆる職場で働く人びとの労働条件の向上に向 けた啓発と福利厚生の支援に努めるとともに、身近な就業先として、高齢者や 障害者などにとって働きやすい雇用の場を確保し、だれもがいきいきと働ける まちづくりを進めます。

(4) 消費生活の向上

大量生産、大量消費の生活様式や事業活動の在り方を見直し、環境にやさし い消費生活を送るため、商品やサービスについての情報がはん濫する中で、区民が自らの判断に基づいて的確に商品やサービスを選択できるよう、消費者教育などの啓発事業や相談事業などを推進するとともに、事業者に対し、情報公開や商品の表示義務の履行を働きかけ、消費者の権利の確立を目指します。

3 ともに支え合い 健やかに安心して暮らせるまち

(1) 健康づくりの推進

「自らの健康は、自分で守り、つくる」という認識に立って、区民が主体的・継続的に健康づくりに取り組むことができるように、保健医療だけでなくスポーツ振興をはじめ福祉や教育など幅広い連携により、区民の生涯を通じた健康づくりを総合的に推進します。

(2) 保健医療などの充実

一人ひとりの心とからだの状態やライフステージに応じた病気の予防、早期 発見、治療などに対応するため、総合的な保健医療の対策を進めるとともに、 保健医療施設の整備や従事者の確保及び資質向上など、保健医療基盤を充実します。また、区民、事業者、行政の連携により、食品、医薬品の安全確保や住まい などの生活環境の改善と向上を図ります。

(3) 地域福祉・地域ケアの推進

だれもが自立した生活を送ることができるようにするため、保健、医療、福祉の連携により、身近な地域でのサービス提供体制や一人ひとりの状態に見合ったサービス内容の充実を図るとともに、区民、事業者、行政の協働による相互の支え合いや権利を守る仕組みを確立します。

(4) 福祉のまちづくりの推進

子どもも、高齢者も、障害者も、だれもが安全で快適な生活を送ることができるようにという視点で、さまざまな施設・設備のバリアフリー化や居住環境の改善などを促進し、日常的な生活や行動に妨げのない福祉のまちづくりを進めます。

(5) 子育て支援・青少年育成の充実

安心して子どもを産み育てられるように、保健、医療、福祉、教育などの連携により総合的な子育て支援を推進するとともに、地域での子育て支援活動の促進や多様な保育サービスの充実を図ります。また、福祉、教育の連携や家庭、地域、行政の協力により、さまざまな交流や体験の機会を充実させるとともに、児童や青少年の権利が守られた魅力ある地域環境づくりを進めます。

(6) 高齢者、障害者などの福祉の充実

高齢者や障害者などが住み慣れた地域で生活を続けられるように、保健、医療、福祉の連携によるサービスの充実や施設の整備を図るとともに、生きがいや生活の安定を確保するため、主体的に社会参加や自己実現を行うことができる環境づくりを進めます。また、介護を必要とする区民が、必要な介護サービスを的確に受けることができるように、総合的な介護支援の充実を図ります。

環境に配慮した安全で快適なまち

(1) 自然環境の保全・創出

身近なみどりや河川などの水辺環境の保全・整備を行うとともに、生態系を重視した自然環境の回復や新たな創出を通して、自然と共生し、ふれあうことのできる潤いのあるまちづくりを進めます。

(2) 都市景観の形成

区民、事業者、行政の連携・協力により、自然環境や歴史的資源の保全、地域の特性を生かした街並みの創出、身近な生活環境の美化などを通して、魅力あふれる都市景観の形成を進めます。

(3) 調和のとれた都市構造の実現

区民の参加と協働を通して、住環境を守る立場から、地域の特性に応じた適 切な土地利用を目指します。また、居住者、在勤者、高齢者、障害者など、だれにとっても安全かつ魅力的で快適な都市機能・都市基盤を構築し、区民のさまざまな都市活動を支えます。

(4) 道路・交通体系の整備 

都市交通の安全性・機能性の向上と、住環境に配慮した都市交通体系の整備を目指し、関係機関との連携を図りながら、道路の体系的整備を進めるとともに、歩行者、自転車にとっても便利な道路整備を進めます。併せて、交通安全対策及び放置自転車に対する総合的な対策の充実を図り、 歩行者環境の整備に努めます。また、公共交通体系の整備を促進し、交通の利便性、生活空間の拡大を図ります。

(5) 快適な居住環境の確保

良質な住宅の供給を促進し、住宅困窮者をはじめ区民だれもが、ともに豊かに住み続けられるまちを目指します。また、住宅のバリアフリー化などの推進を通して、高齢者や障害者などが地域の中で安心して暮らせる、人にやさしい居住環境を整備します。

(6) 安全で安心なまちの実現

都市基盤施設や防災施設の整備により、災害に強いまちづくりを進めます。また、安全なまちづくりへの区民の自主的な取組みを支援し、災害に強い地 域社会づくりを進めるとともに、地域社会全体が協力して、犯罪のない、安心して生活できるまちづくりを目指します。

(7) 環境への負荷の少ない地域社会の形成

限りある資源を節約し、地球規模の環境問題に対応するため、省資源・省エネルギーの啓発・普及などに努めるとともに、ごみ減量、リサイクルを推進して、環境への負荷の少ない社会の形成を目指します。また、自動車公害や近隣騒音などの都市・生活型公害の改善・防止に、関係者、関係機関とともに取り組み、公害のない快適なまちづくりを進めます。

(8) 環境を保全・創出していくための仕組みづくり

区民、事業者、行政が、それぞれ環境問題への認識を深め、生活や事業活動の在り方を見直し、自然環境の保全・創出や環境への負荷の少ない地域社会の形成に向けて、ともに連携して行動する仕組みづくりを進めます。

お問合せ

このページは、政策企画課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9106

ファックス 03-5722-6134

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.