このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 計画・政策 の中の 目黒区の取り組み の中の 「目黒川の桜」を安全に安心して楽しむための取組 のページです。

本文ここから

「目黒川の桜」を安全に安心して楽しむための取組

更新日:2019年1月11日

「目黒川の桜」の課題

目黒川沿いの桜並木は、近年、都内有数の桜の景勝地として注目されており、商店街の桜まつり等が開催され、多くの花見客が訪れて大変な賑わいとなっています。一方で、交通安全対策、屋台等による道路の不正利用、ごみのポイ捨て、トイレ問題などの課題が顕著となっています。

「目黒川桜まつり等運営協議会」の発足

目黒川沿いにおける桜開花中の来訪者対応について、イベントの主催者や地域団体、警察署や消防署等の関係機関や区が、連携・協議して、それぞれの役割を確認し、共通理解と認識のもとで、安全で安心して花見が楽しめるよう「目黒川桜まつり等運営協議会」を平成24年12月26日に発足し、現在まで継続して課題の検討及び具体的な対策などに取組んでいます。


来訪者の安全確保やごみの散乱などの課題が山積

目黒川沿いの桜開花期間における取組結果について

平成30年春の取組結果

1 経緯等

目黒川沿いの桜並木は花見の名所として広く紹介され、毎年、多くの花見客が訪れます。
特に、中目黒駅周辺から上流では、桜の枝が川面に広がり橋から川面が眺められるなど、川沿いの区道を回遊する花見が定着しています。しかし、区道脇に並ぶ露店で販売された飲食物の空き容器が区道や民有地内に投棄されるなどゴミ問題に加え、環状六号線の人の横断、川沿い区道における花見客と車との交錯、橋での写真撮影や出店による人だまり、飲酒等による夜間の騒音など、様々な問題が生じています。
これらの問題を解決するため、平成24年12月に設置した「目黒川桜まつり等運営協議会」において、商店会、住区、町会等の地域住民と、目黒警察署、区等の行政機関及び東京急行電鉄株式会社により毎年の問題点を整理し、課題解決に向けた様々な取組みを行っており、平成30年春の桜開花期間中においても必要な対策を行いました。

2 桜の開花と中目黒駅の乗降客数

(1)東京地方開花宣言
 平成30年3月17日(土曜日) 昨年は平成29年3月21日(火曜日)
(2)1日あたりの最高乗降客数(東急電鉄からの情報提供)

  1. 平成30年3月25日(日曜日)、24万2千人 注記:昨年のピークより2千人少ない

参考:平成30年3月22日から4月6日(16日間)、約293万人 注記:昨年より約30万人増(平成29年は263万人)

3 主な取組内容

(1)合同パトロールの実施

  1. 実施日 3月23日(金曜日)、24日(土曜日)、25日(日曜日)、31日(土曜日)、4月1日(日曜日)、7日(土曜日)、8日(日曜日)
  2. 実施内容 ゴミの持ち帰り、宴会の禁止など花見マナーの啓発
  3. 参加団体 目黒川桜まつり等運営協議会(目黒警察署、目黒区等)
  4. 参加者数 162名(7日間の合計)

(2)警備員の配置

  1. 配置日 3月21日(水曜日)から4月8日(日曜日)の19日間
  2. 場所 中目黒駅周辺及び目黒川沿い
  3. 警備人数 延べ1,372人(19日間の合計) 昨年は延べ1,205人(16日間の合計)

(3)宴会禁止の対策(大橋から太鼓橋)

  1. 宴会禁止看板等の設置 宴会禁止看板66枚、立看板18本、露店及び場所取り禁止等横断幕64枚、宴会禁止パイロン25箇所、ブルーシート撤去看板25枚
  2. 設置期間 3月15日(木曜日)から4月13日(金曜日)

(4)飲食物提供者に対する監視指導

  1. 監視指導日 3月23日(金曜日)から4月9日(月曜日)
  2. 監視指導体制 2名1班体制で随時巡回
  3. 監視指導件数 154件

(5)仮設トイレの設置

  1. 設置期間 3月24日(土曜日)から4月8日(日曜日)
  2. 設置箇所数 菅刈公園3基、船入場5基、東急線高架下2基、西郷山公園3基
  3. 清掃回数 平日1回、土日2回実施

(6)花見のマナー啓発

  1. 啓発ビラ 「目黒川 さくらMAP2018」一般社団法人めぐろ観光まちづくり協会作成
  2. 印刷部数 日本語版6.5万部、多言語版1.5万部
  3. 配布場所 町会及び合同パトロール等で配布。駅及び住区センター等に配置。
  4. その他  目黒区ホームページ、めぐろ区報(3月25日号)に記事を掲載。「目黒川 さくらMAP2018」にピクトグラム(絵文字)による表示。「MEGURO緑道さくらMAP2018」を2万部作成。

(7)目黒警察署による警備

  1. 中目黒駅前交差点の警備
  2. 目黒川沿いの警備
  3. 合同パトロールによる警備

(8)中目黒駅前商店街振興組合による警備員の配置
桜のライトアップエリアを充実しました。柳橋から南部橋エリア付近について、花見客が多い土日を中心に延べ30人の警備員を配置しました。
(9)区道投棄ゴミの回収

  1. 保管庫の設置 1か所
  2. 回収 区職員、委託業者
  3. 回収期間 3月24日(土曜日)から4月9日(月曜日)の毎朝
  4. 保管庫からの搬出等(清掃事務所の車両にて清掃工場へ搬入)
  • 搬出日 3月26日(月曜日)、4月2日(月曜日)、9日(月曜日)の計3回(昨年は2回)
  • 処分量 合計1.68トン(可燃物1.05トン、不燃物0.63トン) 注記:前年比で0.92トンの減。昨年は合計2.60トン(可燃物1.15トン、不燃物1.45トン)

(10)観光バスの駐車対応

  1. 依頼先  一般社団法人 東京・神奈川・埼玉・群馬・千葉・茨城・山梨・静岡・栃木バス協会
  2. 依頼内容 目黒川周辺における交通関係法令の厳守について、目黒区長名で、各バス協会本部から各支部や会員への指導を依頼しました。

(11)池尻大橋駅への誘導表示の設置
環状六号線目黒橋付近において、橋のたもと等に誘導表示を設置(11枚)しました。

(12)目黒川沿い道路への順路看板の設置
桜開花期間中における目黒川沿いの花見客の安全を確保するため、目黒警察署からの要請に基づき、運営協議会として千歳橋から日の出橋間に順路看板を設置しました。
内容としては、車と対面するよう反時計回りに看板を設置しました。

  • 設置日 3月22日(木曜日)、設置枚数 133枚

(13)植栽帯等へのロープ設置
天神橋から宝来橋の区間、約600メートルの両岸にロープ柵を設置し、植栽帯や川沿い小空間への人の立入りを防止しました。
(14)目黒川への立入り制限看板の設置
目黒川への立ち入りを制限するため、立ち入り禁止看板を設置しました。(6か所・8枚)
(15)現地連絡所の開設
現地で発生する様々な問題・課題への初期対応、初動体制を確保するため、現地連絡所を設置しました。

  1. 開設期間 3月24日(土曜日)から4月8日(日曜日)の16日間
  2. 開設時間 土曜日・日曜日 午後1時から午後9時、平日 午後5時から午後9時
  3. 開設場所 合流点遊び場
  4. 待機者 区職員2名、地域住民数名が常駐
  5. 主な対応 28件、桜の取材の申込対応、近隣店舗の歩道へのせり出し苦情対応、周辺混雑に対する意見受付・対応、目黒川への落とし物対応等

(16)区ホームページ・ツイッターによる情報発信

  1. ホームページ 「目黒の桜」を通年掲載し、駒場公園の桜など、区内の主な桜の名所の紹介及びマナー啓発等の記事を掲載しました。また、「目黒川沿いの桜を見にいらっしゃる方へ(文化・交流課)」を3月21日から4月12日まで掲載し、マナー啓発及び注意喚起するとともに、上流・中流・下流の見どころを紹介しました。
  2. ツイッター 現地連絡所からの報告(中目黒駅及び周辺の混雑状況、天候など)とマナー啓発、中目黒駅への集中抑制、ライトアップの終了時間等を発信しました。

4 今後の対応

平成30年春の中目黒駅周辺から上流の区間において、目黒川桜まつり等運営協議会による合同パトロール及び「目黒川 さくらMAP2018」などによるマナー啓発、中目黒駅前や川沿い道路における警備の増強、現地連絡所の設置、植栽帯へのロープ設置など、平成29年の課題に対する取組みを行いました。地域と行政の連携による取組みの結果、一定程度の改善は進みましたが、露店によるゴミの一部未回収や飲食によるゴミ投棄、夜間騒音などの問題が顕著となりました。
今後、今春の課題を整理し、必要な対応について本協議会で話し合い、平成31年春の桜開花期間に必要な対策を講じていきます。

目黒川桜まつり等運営協議会事務局(目黒区総合庁舎内)

  • 産業経済部 産業経済・消費生活課  電話番号 03-5722-9881
  • 文化・スポーツ部 文化・交流課 電話番号 03-5722-9553
  • 都市整備部 土木工事課  電話番号 03-5722-9775

お問合せ

このページは、広報課 報道・情報公開係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 上記「目黒川桜まつり等運営協議会事務局」をご覧ください。

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.