このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の ひと休みして熱中症を予防!「涼み処」を開放しています(平成29年5月26日) のページです。

本文ここから

ひと休みして熱中症を予防!「涼み処」を開放しています(平成29年5月26日)

更新日:2017年5月30日

目黒区では5月26日(金曜日)から9月30日(土曜日)まで、熱中症予防のための「涼み処」を開放している。この「涼み処」は、高齢者の熱中症対策事業の一環として区の施設を利用して実施するもので、気温が上昇する日中を涼しく過ごしてもらうために、高齢者センター(1か所)と老人いこいの家(24か所)を開放し、エアコンや扇風機を稼動させると共に、水分補給のために麦茶を常時用意している。

気温が高くなる梅雨明けや夏は、高温・多湿・無風状況となり、熱中症が起こりやすくなる。特に熱中症患者の半数以上が高齢者である。年齢が高くなると体の調整機能が低下して、暑さやのどの渇きを感じにくくなり、体内の水分量も少なくなるため脱水状態になりやすい。

そのため、区では高齢者などが熱中症にならないよう注意を呼びかけるとともに、高齢者の施設を「涼み処」として開放し、熱中症予防策のひとつとしている。施設の入り口には「涼み処」ののぼりを立て、利用を促している。「涼み処」を利用されていた方は、「涼しい環境でお茶を出してくれるこのような施設があってとても嬉しい」と話してくれた。

また、老人いこいの家の担当者は「多くの方に知っていただき、気分が悪くなる前に休んで、熱中症を予防してほしい」と、「涼み処」を気軽に利用いただけるよう呼びかけている。なお、高齢者センターと老人いこいの家は60歳以上の方が利用することのできる施設であるため、通常、施設利用にあたっては利用登録申請を経て利用証の提示が必要であるが、「涼み処」については利用証の提示は不要で、緊急避難的に60歳未満の方の一時利用もできる。

「涼み処」は、9月30日(土曜日)まで、区内の高齢者センター(1か所)及び老人いこいの家(24か所)で解放している(不動老人いこいの家については、7月1日から9月11日まで工事のため閉館)。

この記事の問い合わせ先

健康福祉部 高齢福祉課 いきがい支援係 電話番号 03-5722-9837

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。