このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 第1回めぐろ「認知症を語ろう」ミーティング開催(平成29年5月28日) のページです。

本文ここから

第1回めぐろ「認知症を語ろう」ミーティング開催(平成29年5月28日)

更新日:2017年12月19日

5月28日(日曜日)目黒区総合庁舎において、第1回 めぐろ「認知症を語ろう」ミーティングが開催された。区内外から約100名が来場したほか、介護事業所や地域包括支援センターなどが多く参加した。

このイベントは、目黒認知症家族会「たけのこ」の主催で、認知症について正しく理解し、本人、家族だけでなく支援者の輪を広げていくことを目的としている。
昨年まで年1回開催していたイベント「たけのこ広場」の内容を見直し、NPO法人Dカフェまちづくりネットや目黒区介護事業者連絡会と協力し、さらに充実した内容にリニューアルして開催された。

第1部では、井藤いとう佳恵かえ氏(都立松沢病院社会復帰支援室長)を講師に迎え、フォーラム「認知症とどう向き合うか」が開催された。井藤氏は「認知症になったという診断も大事だが、徒歩圏内にすぐに相談・受診できるかかりつけ医を持つことも大事」「介護する家族が健康であるためにも、サービスの利用は必要」など、患者自身の戸惑いや家族に寄り添いわかりやすく話していた。

第2部は来場者がグループに分かれ語り合いが開催された。来場者は自身が経験したこと、これから高齢になる親族の心配などを語り合った。グループには地域包括支援センターや介護事業者の職員が入り、来場者の悩みを傾聴してアドバイスを送る姿も見られた。
また、別の会場では「ミニデイ」体験やDカフェ(認知症カフェ)を実施。認知症の方が体験している間に、介護者がフォーラムの参加や相談ができるように工夫されたもの。

目黒区認知症家族会「たけのこ」は平成10年から自主活動を続けている認知症の家族会。毎月2回、認知症の方が参加する「ミニデイ」と介護者の「交流会や勉強会」を組み合わせた定例会の開催などユニークな活動を続けている。
本日のイベント開催にあたり、主催者「たけのこ」の竹内弘道氏は「みんなで認知症に取り組もう、というテーマで開催している。今介護している人、これからの人、医者やケアマネージャーも1つのテーブルで話をする機会としてほしい。サービスを提供する、されるというものではなく、みんなが対等な関係でいることが双方にとっていいのではないかと思う」と話してくれた。

この記事のお問合せ先

目黒区健康福祉部 地域ケア推進課 03-5722-9702

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.