このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の エコまつり・めぐろ2017開催 わーい!やってみようエコなこと 地球環境まったなし(平成29年6月18日) のページです。

本文ここから

エコまつり・めぐろ2017開催 わーい!やってみようエコなこと 地球環境まったなし(平成29年6月18日)

更新日:2017年7月1日

6月18日(日曜日)、午前10時から田道ふれあい館及び田道広場公園において「エコまつり・めぐろ2017」が開催され、多くの来場者で賑わった。

「エコまつり・めぐろ2017」は、目黒区の環境活動団体、事業者や環境に関心を持つ人々が一堂に会し、環境問題についての自らの発表や展示等を行うことを通じて、区民等と親しく交流し環境問題の普及啓発を行うことにより、区民の環境意識の高揚を図る場として開催している。6回目の開催となる今年のテーマは「わーい!やってみようエコなこと 地球環境まったなし」として、昨年も好評だった食品ロスを減らす取組みである「フードドライブ」をはじめ、環境にやさしい活動を行う40以上の団体によるブースや展示など、さまざまなエコへの取り組みが紹介された。

パネル展示やブース会場では、区内の環境活動団体の活動成果発表として、牛乳パックの繊維で作る紙漉きはがき、古布を活用した布ぞうりの実演と販売などが紹介されており、来場者は熱心にパネルを読んだり意見交換をしたりするなど、環境問題への意識を深めていた。

目黒サンクチュアリーズの参加者は「公園などで手に入る自然のもので遊べることをテーマに、数珠玉のブレスレットやドングリのやじろべえなどを紹介しています。併せて、区立東山公園にあるビオトープでの活動を宣伝しています。」と話してくれた。

また、コットンプロジェクトめぐろの参加者は、「綿の里親を募集しています。皆さんに綿の苗木をお配りし各家庭で育ててもらいます。秋には綿花がはじけるので、それを持ち寄ってもらい、最終的には福島県いわき市に送り、オーガニックコットン製品の材料の一部となります。もともとはいわき市の沿岸で始まった綿花づくりに協力したいとの思いから始めたもので、目黒で苗木を育て、綿花をいわき市に返すことから「綿の里親」と名付けました。」と話してくれた。

屋外会場では、ソーラーエネルギー活用の取り組みとして、ソーラーカーの乗車体験、ソーラークッカーやソーラーエネルギーで動くおもちゃの展示が行われたほか、手回し発電で動くNゲージ新幹線が人気を集めていた。

フードドライブへの取り組み

「食品ロスをなるべく減らそう!」をスローガンに、家庭に眠っている食品を持ち寄り、それらをまとめて食料を必要とする区内の福祉団体や施設等に寄付する活動。

この記事の問い合わせ先

エコライフめぐろ推進協会事務局 電話番号 03-5721-2300

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。