このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の めぐろパーシモンホール開館15周年記念めぐろパーシモンホールオープンデー開催(平成29年9月9日) のページです。

本文ここから

めぐろパーシモンホール開館15周年記念めぐろパーシモンホールオープンデー開催(平成29年9月9日)

更新日:2017年9月14日

9月9日(土曜日)、めぐろパーシモンホールにて「めぐろパーシモンホールオープンデー」が開催された。この催しは、めぐろパーシモンホールが今年で開館15周年を迎えることを記念して、これまでのご愛顧への感謝の気持ちを表すとともに、施設を改めて知ってもらい、今後さらに親しみを持って利用してもらうことを目的に、大ホール・小ホールでの無料コンサートと、普段は入ることのできない音響室等のバックステージツアーを実施したものである。普段は幼児と一緒にコンサートを楽しむ機会の少ない家族にも楽しんでもらえるよう、入場には年齢制限を設けず、コンサートは多くの親子連れで賑わった。

1,200席の大ホールでは、クラシック音楽の魅力を楽しんでいただけるよう、ピアノ・デュオと歌の2部構成のコンサートが実施され、第1部は、今年の2月に、指揮者の高関健氏、新日本フィルハーモニー交響楽団と共にリストのピアノ協奏曲を演奏し、客席から惜しみない拍手がおくられた気鋭のピアニスト・黒岩航紀が、その実力を認める後輩であるリード希亜奈と共に、デュオやソロでピアノの魅力を伝えた。また、第2部では、人気を博した小ホールシリーズ「これがオペラだ」でおなじみの歌手が多く所属する、二期会マイスタージンガーによる「歌の花束」コンサートが行われ、オペラアリアからザ・ビートルズの楽曲まで様々な歌が披露された。

小ホールでは、めぐろパーシモンホールの区内小中学校への出張プログラムで学校の打楽器を活用したワークショップが好評を得ている小林武文氏(打楽器奏者・作曲家)率いるグループによる、世界各地の楽器によるライブが開催され、クラシックをはじめ、ワールドミュージックやジャズなど、多彩なジャンルの音楽や芸術を紹介しているめぐろパーシモンホールらしいユニークなプログラムで観客を楽しませた。大ホール、小ホールいずれの会場でも、めぐろパーシモンホールにゆかりのある出演者がコンサートを行い、訪れた多くの方を楽しませていた。

大ホールのバックステージツアーでは、音響室、照明室の他、ピンスポット室(ホール天井)、奈落(ホール地下)、荷捌き場などの普段見ることの出来ない、舞台の裏側が紹介された。ツアー参加者は、音響・照明それぞれの専門スタッフによる説明をうけ、音響や照明を操作してみたり、地上約20メートルのピンスポット室から、舞台に向かってスポットライトを当てたりするなど、実際の設備を目で見て、手で触れて楽しんでいた。バックステージツアーに参加した親子連れは、「この施設には普段から遊びに来ています。バックステージツアーでは、普段は入ることが出来ないようなところが見れて楽しかったです。また、今日の大ホールでのコンサートも、特にオペラは子どもと一緒に見ることが出来る機会が少ないので、とても良かったと思います。」と語ってくれた。

このイベントの最後に、めぐろパーシモンホールのイベント担当者は、「これからも、質の高い芸術文化を鑑賞することができる場、自らが表現できる場、芸術を通して人々が交流できる場として、年齢などを問わず、気軽に足を運んでいただける、地域の皆様に親しんでいただけるホールを目指したいと思います。」と語ってくれた。

この記事の問い合わせ先

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール 電話番号 03-5701-2913

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。