このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 開館30周年を迎えた美術館で、第41回区展(目黒区民作品展)を開催(平成29年9月24日) のページです。

本文ここから

開館30周年を迎えた美術館で、第41回区展(目黒区民作品展)を開催(平成29年9月24日)

更新日:2017年9月27日

9月20日(水)から目黒区美術館で「第41回区展(目黒区民作品展)」が開催されている。区展は、区民の日(10月1日)の制定を記念して昭和52年から開催されており、目黒区に在住、在勤、在学する15歳以上のかたの誰もが気軽に参加し、楽しむことのできる作品展。この行事を通じて、区民意識を高めるとともに、参加するかたのふれあいや連帯意識を深め、文化の向上に貢献することをねらいとしている。

毎年2,000人以上の来場者で賑わう会場に、今年も油彩画、水彩画や、漢字、かななどで書かれた書、陶芸、パッチワークキルトなど多彩な作品が「絵画」、「書」、「手工芸」、「写真」の4部門に分けられ、今年は570点余の力作が展示されている。

会場では、部門ごとに受付が設けられており、出品者らが会場係となって自分の作品の紹介を含め会場を案内するため、出品者、鑑賞者間の親交を深め、美術に関する楽しさを共有することができる。

写真部の西田秀之部長は、「青木英二目黒区長には毎年写真を出展していただいています。昨年は40周年という記念の年でしたが、写真部門の出展数は50点余りとやや寂しい感じがしましたので、今年はほうぼうに声をかけ80点近くの出展を得ることができました。この区展は出品者らのボランティアによって運営されています。多くの方に見ていただくことが何よりの励みになりますので、是非、目黒区美術館においでください。」と話してくれた。

区展は10月1日(日曜日)まで(9月25日(月曜日)は休館日)開催されている。最終日には、自身も区展に写真を出品した目黒区長が出席する閉会式が予定されている。
「第41回区展(目黒区民作品展)」
主催 目黒区区展実行委員会
後援 目黒区

この記事の問い合わせ先

文化・交流課 電話番号 03-5722-9291

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。