このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 日韓高校生交流事業を実施「ようこそ目黒へ!区内の高校生がおもてなし」(平成29年9月26日) のページです。

本文ここから

日韓高校生交流事業を実施「ようこそ目黒へ!区内の高校生がおもてなし」(平成29年9月26日)

更新日:2017年10月6日

9月26日(火曜日)、目黒区民センターホール他において、文部科学省主催による日韓高校生交流事業が実施された。

平成15年6月の日韓首脳共同声明で「未来に向けた日韓両国間の協力を強化していくための基盤は、次世代を担う若者を中心とした各界各層間の深い相互理解と温かい友情、そして活発な人および文化の交流であることを認識し、それらを拡大・深化させていくために、これまでの協力関係を維持・発展させていくこと」と確認し、当該交流事業はそれらを目的として実施したものである。

当該交流事業については、平成24年9月に中央町児童館において2団の受入れを行って以来、過去5回にわたり交流を深めてきた。

9月26日(火曜日)の目黒区民センターホール他での交流では、日本の高校生主体の交流プログラムが実施され、和楽器の演奏等の日本の伝統文化の紹介・日韓高校生の日常生活の紹介・夕食交流会等を行い、両国の相違点や共通点を学び合った。

最初のプログラムでは、「伝言ゲーム」が行われた。日韓の高校生が交互に並んで「お題」を伝えていくと、最後には「意味不明」の言葉になっており、正解が発表されるとホール内に笑い声が響き渡った。

続いて都立国際高校生徒による「琴、横笛、和太鼓」のジャパニーズスタイルの演奏が披露され、繊細な和の調べと、勇壮な和太鼓の演奏が終了すると、参加者全員から大きな拍手が送られた。

夕食会では、冒頭、韓国高校生による「韓国での高校生活」について日本語で発表され、続いて、自己紹介を兼ねて、互いの言語で名札を作成し交換が行われた。夕食会が進むにつれ、隣同士での会話は盛り上がり、あちらこちらでSNSの情報交換が行われていた。

参加した韓国の高校生は、「この交流事業で始めて日本に来ることができ、本当にうれしいです。とても緊張しているんですが、皆さんとても優しくしてくれて楽しいです。また、大人になったら日本を訪れたいです。」と話してくれた。


記念の集合写真

日韓高校生交流事業に関する問い合わせ先

独立行政法人国立青少年教育振興機構 電話:03-6407-7753

この記事の問い合わせ先

子育て支援課 東山児童館 電話 03-3791-4613

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。