このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 金沢市と友好都市協定を締結 旧前田家本邸がとりもつ縁(平成29年10月28日) のページです。

本文ここから

金沢市と友好都市協定を締結 旧前田家本邸がとりもつ縁(平成29年10月28日)

更新日:2017年11月10日

10月28日(土曜日)、金沢市内の大樋おおひ美術館において、金沢市と友好都市協定の締結式が行われた。
注記:写真は全て金沢市から提供されたものです。

目黒区と金沢市は、旧加賀藩主前田家第16代当主利為としなり侯爵(1885年から1942年)が「旧前田家本邸」を昭和4年(1929年)に駒場に建設するなど、歴史的なつながりが深いことから、両都市の友好の絆をさらに深め、両都市間の友好推進及び魅力と活力にあふれたまちづくりを共に進めることを目的として、平成28年10月に覚書を締結し、この度、友好都市協定の締結式を行う運びとなった。

「茶婚式」で契りの儀式
締結式は、前田家と縁のある裏千家のお茶をテーマに、婚姻に利用される「茶婚式」を模したしつらえにより行われた。濃茶による契りの儀式や、協定締結記念に制作された茶碗への名入れが行われた。
今後の交流について
お茶や能楽など代表する金沢市の伝統文化芸術活動や、産業経済団体の交流、観光、さらに住民同士や学校同士の交流に広げ、次世代に継承していきたいと考えている。


関係者による記念撮影

交流の歩み

目黒区と金沢市の交流は、「旧前田家本邸」が駒場にあることによる縁で始まりました。旧前田家本邸は、和館で金沢市主催のかなざわ講座、洋館でパネル展やオーケストラ演奏会を行うなど交流事業の場としても活用しています。
そして、平成25年の目黒石川県人会発足や、平成27年3月に北陸新幹線が金沢駅まで開業したことをきっかけに、住民・地域同士でさらに交流を深めようという機運が高まり、昨年10月、友好都市協定締結に向けた覚書を取り交わしました。
今年6月には、「金沢百万石まつり」に、めぐろ観光まちづくり協会が目黒区のブースを出展、7月には、総合庁舎で金沢市湯涌温泉から届いた「氷室の雪氷」を区民に披露するなど、交流によってきずなをより確かなものにしてきました。

この記事の問い合わせ先

文化・スポーツ部 文化・交流課 電話番号 03-5722-9291

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。