このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 都内初!迷惑電話ブロックサービスの試行導入(平成29年11月1日) のページです。

本文ここから

都内初!迷惑電話ブロックサービスの試行導入(平成29年11月1日)

更新日:2017年11月12日

目黒区における特殊詐欺に関する情勢は、昨年9月以降多発しており、平成29年中は9月末現在で54件、被害額1億8,700万円余に達しており、昨年同月比で31件増、被害額は1億2,400万円余もの増となった。
こうした情勢を踏まえ、目黒区生活安全対策協議会から特殊詐欺被害防止について更なる対策を行うよう提言があり、区ではこれまでの被害防止広報啓発や留守番電話設定のPR、自動通話録音機の無償貸与に加え、より効果的な新たな対策を検討してきた。
検討の結果、被害防止には「犯人からの電話に出ないための対策」が極めて有効であることから、目黒警察署及び碑文谷警察署と連携して、自動着信拒否装置による迷惑電話ブロックサービスを、本日(11月1日)から試行導入することとなった。

迷惑電話ブロックサービスの開始にあたり、本日(11月1日)午前9時30分から、区長応接室において、青木英二目黒区長、福原和実目黒警察署長、大澤和仁碑文谷警察署長及び松下智樹トビラシステムズ株式会社副社長が会合、本事業の効果的な推進について協議が行われた。
協議にあたり青木英二目黒区長からは、「このサービスの被害防止効果に大きく期待しています。この事業を効果的に進め、特殊詐欺被害を減らしていきたい。」と区民の安全・安心への取組について決意が述べられた。
写真注記
(左側)福原和実目黒警察署長
(中央左側)青木英二目黒区長
(中央右側)松下智樹トビラシステムズ株式会社副社長
(右側)大澤和仁碑文谷警察署長

迷惑電話ブロックサービスの概要

  • 迷惑電話ブロックサービスはトビラシステムズ株式会社が開発・運用しているもので、自動着信拒否装置(商品名:トビラフォン)を家庭用電話機に外付けすることでサービスの提供が受けられる。
  • トビラシステムズ株式会社では、悪質な投資勧誘電話等の迷惑電話に使用されている電話番号をリスト化しており、そのリストには警察が特殊詐欺に使用されていると認知した電話番号も情報提供され、日々更新されている。
  • 危険な迷惑電話として登録された電話(警察から提供された電話も含む。)からの着信については着信音が鳴らない仕組みのため、「着信に気付かない」すなわち「騙されない」という、高い被害防止効果が期待できる。

事業規模等

  • 区内の50世帯の方に、本サービスの「モニター」として協力してもらい実施する。なお、特殊詐欺被害防止及び事業効果検証の観点から、モニターの選定は目黒警察署及び碑文谷警察署と連携して行い、今後、モニター宅に順次設置していく。
  • 事業期間は平成30年3月31日まで。それ以降については効果検証を踏まえ、今後の事業展開を検討する。

その他

  • 本サービスには、ナンバーディスプレイ契約が別途必要であり、その費用はモニター負担となる。
  • 本サービスを平成30年4月以降も利用する場合は、迷惑電話番号リスト更新料として年額4,800円が利用者負担となる。

この記事の問い合わせ先

危機管理室 生活安全課  電話 03-5722-9297

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。