このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 東京の民生委員制度誕生100周年記念講演 ともに暮らす「つながり」のヒント(平成30年10月1日) のページです。

本文ここから

東京の民生委員制度誕生100周年記念講演 ともに暮らす「つながり」のヒント(平成30年10月1日)

更新日:2018年10月9日

10月1日(月曜日)、めぐろパーシモンホール大ホールにおいて、東京の民生委員制度誕生100周年を記念する講演会が行われた。
今年が、東京の民生委員制度の前身である「救済委員制度」発足から、ちょうど100年を迎えることから、区民の方々に民生児童委員制度を周知するためのPR活動の一環として行われた。


開会式の様子

主催者である、目黒区民生児童委員協議会の山本加奈代代表会長は、「民生児童委員は厚生労働大臣から任命を受けており、悩み事、困り事などの秘密は固く守られますので、一人で悩まず安心して相談してください。これからの100年先の世の中がどう変わっていったとしても、諸先輩たちから脈々と受け継がれてきました、[常に地域の人々に寄り添った活動、地域とつながった活動]の精神を、今後も変わることなく継続していきたいと思います。」と挨拶を行った。

続いて青木英二目黒区長は、「民生児童委員の皆様は、地域で困っている方に手を差し伸べ、助けたいという精神を100年間途切れることなく受け継ぎ、地域福祉の最前線に立って活動されていることに、改めて感謝申し上げるとともに、敬意を表したいと思います。本日は、地域包括ケアの先駆者である鎌田 實かまた みのる先生の講演があります。先生の素晴らしいお話やアドバイスが、これからの150年、200年先への第一歩となることを期待します。」と挨拶が行われた。

続いて、日頃の民生児童委員としての活動を大切にしながら、「歌う広告塔」として活躍している、目黒区民生児童委員協議会合唱団「スマイリーズ」による合唱が披露され、大ホールに集まった観客は見事なハーモニーに聞き入った。


スマイリーズによる合唱

100周年を記念する講演は、鎌田 實かまた みのる諏訪中央病院名誉院長先生を迎えて行われた。先生は医師としての活動のほか、作家としても著書が多数あり、医療、福祉などの多方面で活躍されている。「ともに暮らす[つながり」のヒント]」をテーマとして、地域包括ケアやこれからの介護と地域等の観点から地域再生について講演が行われた。大ホールの大きなステージ上で、手振り、身振りを交えながら、ユーモアたっぷりの語り口で行われ、参加者の笑いを誘っていた。終始和やかな空気に包まれながら、1時間40分の講演はあっという間に終了した。

この記事の問い合わせ先

健康福祉部健康福祉計画課 電話 03-5722-9836

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.