このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 自由が丘でマリクレールフェスティバル・THE J 同時開催!!(平成27年5月23日) のページです。

本文ここから

自由が丘でマリクレールフェスティバル・THE J 同時開催!!(平成27年5月23日)

更新日:2015年5月26日

5月23日(土曜日)、目黒区の自由が丘でマリクレールフェスティバルとTHE Jが同時に開催され、会場である東急東横線・大井町線の自由が丘駅周辺は大勢の人たちで大いに賑わった。

恒例のマリクレールフェスティバルの会場となっている自由が丘南口マリクレール通りと九品仏川緑道周辺の石畳で舗装された遊歩道には、おしゃれなテーブルといすが並び、まるでフランスの街角にいるような雰囲気の中、訪れた人はワインを飲みながらシャンソンライブなどを楽しんでいた。

イベントステージでは、ライブやコメディ・パフォーマンスショーなどが行われ、「街かどのシャンソニエ」と題したシャンソンライブでは、自由が丘のマリクレール通りを歌った「再会記念日 マリクレールで恋して 」をテーマに、透き通った歌声で、来場者を魅了していた。

また、コメディ・パフォーマンスショーでは、桜小路 富士丸・東京マッドが登場。得意の似顔絵パフォーマンスでは来場者から参加者を募り、タカパーチの伴奏にのって、筆で顔の特徴を強調した似顔絵を書き上げ、会場の笑いを誘っていた。

掘り出し物がいっぱいのワゴンセールでは、60台のワゴンが勢ぞろいし、フードコートでは、とてもおいしい3日間だけの特別メニューやフランス産を中心にたくさんのワインが楽しめる。期間中自由が丘には、美味しいワインを味わいながら、香ばしい香りに包まれ、心地よいシャンソンの調べを聴いて、ゆっくりとした時間が流れていた。

一方、THE J は「自由が丘の初めましてがあります。」が合言葉。会場となった自由が丘駅正面口界隈では、洗練された生活を送る上で欠かせない花や植物や、心もお腹も満たしてくれるパン、ベーグル、マフィン、コーヒー、花、観葉植物、多肉植物エアプランツ、ドライフラワーなど、東京から選りすぐりのショップが一堂に会したグリーンマーケットが展開され、たくさんの人たちを集めていた。

このTHE Jは、「家族やいつも一緒にいる人を大事にする。そんなきっかけをつくり、来場者が家やパートナーに花や植物をギフトして持ち帰る事で、ハッピーが生まれる。」をコンセプトとしている。

THE Jのイベントエリア内にはイッツコムスタジオが併設され、公開収録が行われエリア内の雰囲気を一層盛り上げていた。また、フリーマーケットも開催され、こちらも大勢の参加者で賑わっていた。参加者は、「横浜からです。自由が丘は好きなのでよく来ます。THE J は自由が丘らしいイベントで素敵ですね。自由が丘をもっと盛り上げそうですね。」と、話してくれた。
マリクレールフェスティバル・THE J 共に5月24日(日曜日)まで開催された。

国家戦略特区申請に向けての調査について

現在、目黒区は東京都と協議を行い、道路占用基準の緩和によるオープンカフェの実施等、エリアマネジメントにより賑わいを創出し、住む人にも、訪れる人にも魅力のあるまちづくりを観光の視点から進めていくため、国家戦略特区の提案を行っている。このイベントをひとつの社会実験として捉え、アンケート調査等により課題等の整理を行い、今後の本申請に向けての参考としていく。

この記事の問合せ先

  • マリクレールフェスティバル 自由が丘南口商店会 電話番号 03-3717-4541
  • THE J 自由が丘駅前中央会 電話番号 03-5731-3324

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.