このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 18歳選挙権にむけて 都立駒場高等学校で「選挙出前授業」開講(平成27年9月4日) のページです。

本文ここから

18歳選挙権にむけて 都立駒場高等学校で「選挙出前授業」開講(平成27年9月4日)

更新日:2015年9月9日

9月4日(金曜日)、都立駒場高等学校で目黒区選挙管理委員会による「選挙出前授業」が開催された。

目黒区選挙管理委員会では、これまで区立中学校と連携した選挙の学習などに取り組んできたが、公職選挙法の改正により、来年度から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる状況を踏まえ、今年度新たに区内都立高校で選挙の出前授業を実施。9月4日(金曜日)、8日(火曜日)、9日(水曜日)の3日間に渡り、都立駒場高校3年生(9クラス362人)を対象に選挙出前授業を行った。

8時半から行われた授業には、約80人の生徒がホールに集まった。「政治・経済」の授業1コマ50分を使い、選挙出前授業を実施。冒頭の約15分で、ゲストティーチャーとして目黒区の選挙管理委員会職員が「選挙のはなし」を行った。18歳選挙権の概要と投票の流れ・方法、選挙運動などをスライドショーを用いながら説明し、時おり選挙クイズなどで生徒とやり取りをしながら授業を進めていった。

続いて、NPO法人ユースクリエイト代表の原田謙介氏を講師に、主権者としての政治参加について、「みんなで公園を作ろう」をテーマに考えるグループワークを行った。

生徒たちには中学生や母親、商店街の人や高齢者などの役割が割り振られ、それぞれの立場で理想の公園への要望を発表。「球技ができるグラウンドが欲しい」「子どもが安心して遊べて、ベビーカーの置ける場所もほしい」「ゲートボールをした後休めるベンチが欲しい」などの意見を集約し、みんなが満足できる公園を作り上げていった。原田氏は「このようにみんなの意見を政治に対して発信していくことが大切です。自分の一票なんて意味がないという時代ではありません。」と生徒たちに語りかけていた。最後にアンケートを実施し、授業の振りかえりを行ったところで授業は終了となった。

なお、今後も区内にある都立高校において模擬選挙を含む選挙出前授業の実施を予定しており、目黒区選挙管理委員会は来年度に迫った18歳選挙権の新たな有権者たちに、選挙の意義、大切さを伝えていく取り組みを行っていくこととしている。

この記事の問い合わせ先

目黒区選挙管理委員会事務局 電話番号 03-5722-9299

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.