このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 第34回こまばのまつり・第34回ケルネル田んぼかかしコンクール開催(平成27年10月4日) のページです。

本文ここから

第34回こまばのまつり・第34回ケルネル田んぼかかしコンクール開催(平成27年10月4日)

更新日:2015年10月7日

10月4日(日曜日)、目黒区駒場野公園で「第34回こまばのまつり」、駒場野公園ケルネル田んぼで「第34回ケルネル田んぼかかしコンクール」が行われた。

こまばのまつりは地域の交流と親睦を目的とした、誰もが参加でき楽しめるイベント。かかしコンクールのほか、今年で12回目となる群馬県富士見町との交流による野菜販売やフリーマーケット、凧作りと凧あげ、駒場地域で活動する団体などによる特設コーナーなど、様々な催しで会場は賑わった。

10時から行われた開会式では、実行委員長の井上満昭氏が「こまばのまつりは地域の我々が自前で作り上げている祭りです。合計41のイベントを用意しておりますので、みなさん一緒に参加して一日楽しんでください。」とあいさつし開会を宣言。青木英二目黒区長も「こまばのまつりは駒場地域の文化が息づいた素晴らしい祭りだと思っています。実りの秋のように充実した祭りになるよう祈っています。」とこまばのまつりの開催にお祝いの言葉を述べた。

駒場野公園内のケルネル田んぼでは、「第34回ケルネル田んぼかかしコンクール」が開催されており、ユーモアを交えたり世相を反映した47体のかかしが勢ぞろいした。この催しは、ケルネル田んぼの歴史的価値を後世に受け継いでいきながら、かかしコンクールを通じて地域の交流を深めることを目的に開催されており、かかしは駒場に在住する幼稚園児、小中高の学生及び一般住民などが作成し出展。それぞれのかかしには名前がつけられており、バラエティに富んだかかし一体一体を楽しむことができる。コンクールの投票会場はお気に入りのかかしを選ぶ多くの人で賑わいを見せていた。

14時から行われたコンクールでは、学校長、商店会長など様々な審査委員の得票と、こまばのまつり当日の人気投票で賞が決まり、優秀な出来栄えのかかしは、駒場東大前駅前に1か月あまり展示される。かかしを見ていた来場者の女性は、「孫がベビーカーでお散歩できるようになり、初めて来てみました。かかしは子どもの部でも大人が作ったかのようなものもあったり、とてもユニークですね!」と話してくれた。

そのほか移動動物園や小学生すもう大会などが行われており、「がんばれ!」「まわしを取るんだよ!」と元気な駒場の子どもたちの声が会場内に響いていた。

実行委員長の井上満昭氏は「こまばのまつりへは近年約3,000人のかたたちが来場し、特に群馬県富士見町から来る新鮮な野菜の販売が人気です。このように大勢のかたで賑わう祭りには、駒場に校舎のある東京大学の学生さんや国際高校、駒場高校の生徒さんが協力してくれています。こまばのまつりだけでなく、他の駒場地域の町会や住区住民会議のイベントでも学生さんたちが手伝ってくれ、とても頼もしくうれしく思っています。」と語ってくれた。

この記事の問い合わせ先

北部地区サービス事務所 03-3496-0085

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.