このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 広げよう!地域のゆるやかな見守りの輪「見守りサポーター養成講座」開催(平成27年10月26日) のページです。

本文ここから

広げよう!地域のゆるやかな見守りの輪「見守りサポーター養成講座」開催(平成27年10月26日)

更新日:2015年11月26日

「見守りサポーター」とは、地域内の高齢者等をゆるやかに見守り、何か気がかりなことを感じたら、地域包括支援センターに連絡して高齢者等を支える役割を担う人々のことである。

「見守りサポーター養成講座」は、昨年11月に目黒区総合庁舎大会議室で初めて開催し、多くのかたが参加した。今年はより多くのかたに参加していただきたく、場所等を変えて2回開催する。10月26日(月曜日)、第1回目の「見守りサポーター養成講座」がめぐろパーシモンホール小ホールで行われた。会場には約80人の参加者が集まった。

東邦大学教授の岸恵美子きしえみこ氏を講師にむかえ「地域における見守り」をテーマとした講座がはじまった。「都民の4人に一人が高齢者である現在、高齢者の孤立やセルフネグレクトなどの問題を未然に防ぐことが重要である。見守る人達が近所のかたのちょっとした変化に気づき、本人のわずかなSOSを見逃さずに少しのおせっかいをしてあげることで、地域の人々や民生委員、包括支援センターなど様々な立場の人たちが重層的に見守る『地域力』を上げるネットワークを作っていきましょう。」と話すと、会場の参加者は大きくうなづいていた。

また講義の後には、見守りサポーターが何か気がかりなことを発見した場合の連絡先の一つである地域包括支援センターの各地区の職員が紹介された。参加された方は、「見守りサポーターのことは以前から知っていたが、何の事だかよくわからなかった。興味があり今回の講座に参加したが、とても参考になった。自分も何か地域の役に立つことができればと思った。」と話してくれた。

目黒区における高齢者見守りは、高齢者見守りネットワーク「見守りめぐねっと」として、協力団体、登録事業者によるゆるやかな見守りと、地域のボランティアが、見守りを希望した高齢者を個別に訪問する「見守り訪問事業」、区民の方々が地域で見守り、気になることがあれば地域包括支援センターへの連絡をしていただく「見守りサポーター」の3つの輪で展開している。地域の見守りの輪を大きくすることにより、見守る人・見守られる人を特定しない形で地域住民と支え合い、安心して暮らせるまちづくりを目指している。

第2回目は、11月25日(水曜日)、14時から16時に北部地区サービス事務所会議室(目黒区大橋一丁目5番1号)で、さわやか福祉財団理事長 清水肇子しみずけいこ氏を招いて開催された。

この記事の問合せ先

健康福祉部地域ケア推進課相談支援係 電話番号 03-5722-9064

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.