このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の めぐろ環境ナビゲーター(環境推進員)養成講座 フィールドワーク 「東工大で身近な環境を考える」、「住民として語る、東工大」開催(平成27年11月14日) のページです。

本文ここから

めぐろ環境ナビゲーター(環境推進員)養成講座 フィールドワーク 「東工大で身近な環境を考える」、「住民として語る、東工大」開催(平成27年11月14日)

更新日:2015年11月16日

11月14日(土曜日)、東京工業大学大岡山キャンパスでめぐろ環境ナビゲーター(環境推進員)養成講座のフィールドワーク「東工大で身近な環境を考える」、「住民として語る、東工大」が行われた。

この講座は、知識の習得より、自主的な活動のきっかけづくり、仲間づくりに重点をおいており、講座の企画運営は修了生による企画委員会が行っている。講座修了後は、交流会やステップアップ講座、会報「環ナビ通信」(修了生から構成される広報委員会が作成)があり、受講して終わりではなく、修了生の情報交換の場が用意され、地域での継続した活動をサポートする事業となっている。

今年度は、第8期のめぐろ環境ナビゲーター養成講座で、テーマを「地球温暖化ってなあに? 今、私たちにできることは!」と設定しており、本日のフィールドワーク開催は9月から始まっている講座の第3回目。

本館1階H112講義室に集合した受講生は、司会の委員から今日の予定と講師紹介を受けた。その後、本日のフィールドワークの講師である東京工業大学理工学研究科国際開発工学専攻の養成講座企画委員でもある神田学教授から「東工大で身近な環境を考える」ヒントについて、さらに、委員の方々から「住民として語る、東工大」についての話をそれぞれ事前レクチャーとして受けた。

その後、フィールドワークとして、桜並木ウッドデッキ、図書館、東急病院、富士見橋、ロマンス坂、環境エネルギーイノベーション棟、呑川の暗渠と開渠の境目、芝スロープを講座参加者全員で見学して回った。

スタート地点である本館に戻った一行は、神田教授から「東工大で身近な環境を考える」の事後レクチャーを受けた後、フィールドワークに伴う気づきや驚きについて話し合うグループ討議を行い、グループ毎に発表を行った。

発表では、「東工大の建物全体が環境に配慮した構造になっていることを、今回のフィールドワークに参加して初めて知りました。また、環境と防災が表裏一体となっていることも学べて、とても有意義でした」等の意見が出された。

担当者は、「この講座は、知識の習得だけでなく、活動や実践的な観点を前提にしています。今日のフィールドワークを含め、講座修了後には何らかの活動につなげて、さらにそれを持続して行ってほしいと思っています。」と、講座のねらいについて話してくれた。
この養成講座は、来年2月の第6回目まで引き続き行われる。

めぐろ環境ナビゲーター(環境推進員)養成講座

地域や家庭から積極的に環境活動を進めていくことのできるリーダーを養成する目的で平成20年度から始まり、第1期から第7期までに146名がめぐろ環境ナビゲーター(環境推進員)として認定された。認定された環境推進員は、現在、自主グループや個人で環境保全活動を行っている。

この記事の問い合わせ先

環境清掃部 環境保全課 環境計画係 電話番号 03-5722-9356

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.