このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 旧前田家本邸洋館で聞く「かなざわ講座」加賀藩の食と生活 開催(平成27年11月15日) のページです。

本文ここから

旧前田家本邸洋館で聞く「かなざわ講座」加賀藩の食と生活 開催(平成27年11月15日)

更新日:2015年11月18日

11月15日(日曜日)、目黒区駒場公園内にある旧前田家本邸洋館で「旧前田家本邸洋館で聞く「かなざわ講座」 加賀藩の食と生活」が開催された。
加賀料理は、大陸の食文化と全国から集まる品々と日本海や加賀平野が生み出す地元の食材が基盤となって、金沢独特の食文化となったもの。平成25年の映画「武士の献立」でも脚光を浴び、京風の料理と江戸風の料理が融合した、華やかで繊細な料理である。

前日から降っていた雨も止み、約50人の参加者が豪奢な邸宅に集まると、会場がにわかに活気づいた。金沢市の主催で行われるこのイベントでは、加賀藩御膳所を務めた老舗料亭「大友楼」第16代当主で「武士の献立」で料理監修を行った、大友佐俊おおともさとし氏により、「加賀藩の食と生活」をテーマに講演が行われた。

大友氏は映画「武士の献立」の中で描かれた庖丁式について、「四条家薗部流の流儀を司れるということは、加賀藩がいかに大きな家であるかを示しています。映画の中ではロマンスがメインに描かれていましたが、実はこの庖丁式が本当のメインなのです。」と映画の裏話も交え、日本の食にまつわる伝統から、加賀独特の紅白の鏡餅についてなどを紹介し、最後に「今はB級グルメなどが注目されていますが、伝統的に伝わってきた加賀料理を大切に受け継いでいきたいと思っています。皆さんもぜひ召し上がってみてください。」と締めくくり、加賀料理を通じて、北陸新幹線でぐっと身近になった金沢の魅力を伝えてくれた。

講演の後には、平成25年8月7日に国の重要文化財に指定された旧前田家本邸洋館と、耐震補強工事が10月13日に終了した和館の見学が行われ、参加していた女性は、「日本古来からの食習慣を大切にしていきたいと感じました。ぜひ金沢で加賀料理を食べてみたいです。」と感想を話してくれた。

この記事の問い合わせ先

金沢市東京事務所 電話 03-3262-0444

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.