このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 子どもと農業!都市農業トークライブ開催(平成27年11月29日) のページです。

本文ここから

子どもと農業!都市農業トークライブ開催(平成27年11月29日)

更新日:2015年12月3日

11月29日(日曜日)、三軒茶屋ふれあい広場で「都市農業トークライブ」が開催された。このトークライブは、安全・安心な農産物を供給するとともに、都市に潤いのある景観を与え、災害時の防災空間になるなど多面的機能を有する貴重な都市農地を保全することを目的に、目黒区・世田谷区・世田谷目黒農業協同組合(JA世田谷目黒)が連携して、24年度から実施しているイベントである。

今年度は「子どもと農業」をテーマに、都市農業の重要性を語るトークライブが行われ、地場産農産物即売市、JAやまがた・JAしまねによる特産品の販売、小学生のダンスパフォーマンス、蒸かし芋や芋煮の試食、お楽しみ抽選会も同時開催された。今年は屋外での開催となったが、本格的な冬の到来を感じる寒さにも関わらず、晴天に恵まれ、多くの来場者で賑わった。

トークライブでは、目黒区長、世田谷区長、JA世田谷目黒経営役員会会長、目黒区立宮前小学校長、世田谷区立三軒茶屋保育園長の5人が、それぞれの立場から、都市農業の振興に向けた取り組みや子どもと農業に関する取り組みについて、意見交換を行った。目黒区長は「目黒区の小・中学校では、給食を各学校で作っており、食育の指導も行っています。また、宮前小学校では生徒たちが農作業を体験できる環境にあり、自分たちで育てて収穫した野菜を食べることができます。そうした小さい時の体験は大人になっても忘れないので、子どものうちから地産地消が体験できることはとても大切なことだと思います。目黒で育った野菜を食べて子どもたちが育つように、これからも食育に力を入れていきます」と、子どもに与える都市農業の重要性について語った。

150人以上がトークライブに参加し、親子連れからは、「宮前小学校の農業への取り組みは世田谷区でも評判になっていて、越境して通うお子さんもいます。娘もこれから農業体験ができると思うと、今からとても楽しみです」と感想を聞くことができ、区民も都市農業の発展に期待していることを伺うことができた。

また、トークライブの開始前に同時開催イベントとして行われた、地場産農産物即売市、JAやまがた・JAしまねによる特産品の販売会には、販売開始前から、多くの来場者が列を作り、生産者自慢の新鮮な農産物を買い求める人々でいっぱいになった。

区報でこのイベントを知って来た人、友達に誘われて来た人など、参加者の動機は様々だったが、誰もが「こんなに立派で新鮮な野菜があるとは思っていなかったです。いっぱい買いたいけれど、持ちきれないですね。こういうイベントは区内のいろいろな場所で開催して欲しいです」と語っていた。このほか、熱々の美味しい蒸かし芋や芋煮を試食し、心も体も温まる人たちで溢れていた。

トークライブ後に、南魚沼産こしひかり・山形県産つや姫各5キログラム、地場産農産物セット、農協せんべい詰め合わせ、JAやまがた・JAしまね特産品が30人に当たるお楽しみ抽選会が行われ、大盛況の中、イベントが幕を閉じた。

この記事の問い合わせ先

産業経済・消費生活課 経済・融資係 電話番号 03-5722-9880

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.