このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 目黒区見守りネットワーク連絡会が開催されました!(平成28年1月18日) のページです。

本文ここから

目黒区見守りネットワーク連絡会が開催されました!(平成28年1月18日)

更新日:2016年1月23日

1月18日(月曜日)、目黒区総合庁舎2階大会議室において、見守りネットワーク連絡会が開催された。

この 見守りネットワーク連絡会は、協力団体、協力機関、協力事業者、地域包括支援センター及び区の代表者が出席する会議で、見守り実施状況及び課題等の情報を共有し、意見交換することで、見守りネットワーク事業の推進を図ることを目的に開催している。

連絡会の冒頭で挨拶に立った青木英二目黒区長は、「見守りネットワークは、平成22年1月に始まり、通報・相談件数も27年には516件と非常に多くの件数になっています。また、協力事業者も当初からは約4倍の397件になっています。見守りというものは、区だけでできるものではありません。区と協力事業者の皆さんが手を携えていくことが重要です。今後とも、よろしくご協力願います。」と、この連絡会の重要性について訴えていた。

続いて、熱中症予防への取組み、地域連携コーディネーターの活動とPR活動の展開、協力機関連携会議の開催、協力事業者の登録状況、通報・相談の状況、高齢者見守り訪問事業、見守りサポーターの養成などについて、区長と関係団体の代表者などが意見・情報交換を行いながら、この1年の取組みについての報告がなされた。とりわけ、見守りネットワークの対象拡大については、平成27年3月改定の保健医療福祉計画により、ネットワークをより発展させ、対象を子ども、障害者、生活困窮者など高齢者以外にも拡大することとして、「高齢者見守りネットワーク」を、「見守りネットワーク」に改め、広く見守りすることの周知及び区民への情報提供を進めることが報告された。

さらに、見守りネットワーク対象拡大に伴う『地域における見守り活動の推進』、高齢者等の異変に早期に気づき、包括支援センターや区に「つなぐ」役割を担う『見守りサポーターの養成』、関係機関との連携をより強固なものとし、孤立死実態調査を踏まえた『孤立死防止対策の強化』など、今後の取組みについての説明がなされた。

この連絡会を通じて、参加する団体間で十分な見守り実施状況及び課題等の情報共有が行われ、『住み慣れたまちで高齢者や子ども、障害者などだれもが安心して暮らし続けられるまち目黒』を目指して、『見守りネットワーク』づくりの推進を行っていくことが確認された。

目黒区見守りネットワーク(愛称「見守りめぐねっと」)

平成22年1月12日から開始した『目黒区高齢者見守りネットワーク』は、多くの協力機関、協力団体、協力事業者のご協力をいただきながら、その輪が広がってまいりました。

このたびその名称を『目黒区見守りネットワーク』に改め、見守りの対象を高齢者や子ども、障害者など何らかの支援を必要とするすべての区民に拡大していくこととなりました。

この記事の問い合わせ先

健康福祉部 地域ケア推進課 地域ケア推進係 電話番号 03-5722-9385

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.