このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 防災教育講座開催!! ごちそうとぼうさい(ごちぼう)を体験しませんか(平成28年2月24日) のページです。

本文ここから

防災教育講座開催!! ごちそうとぼうさい(ごちぼう)を体験しませんか(平成28年2月24日)

更新日:2016年2月26日

2月24日(水曜日)、目黒区青少年プラザにおいて、非常食をみんなでごちそうにして食べることを通じて防災について考え、地域の防災力を高める防災教育講座「ごちそうとぼうさい(ごちぼう)を体験しませんか」が開催された。

東京都環境局では、「食べられるにもかかわらず捨てられる食べ物」をなくしていくフードロス対策について、企業等と連携したモデル事業を実施している。その一つとして、「食」を通じて地域で防災について考え、地域での助け合いの「絆」をつくることや無駄のない備蓄の啓発などを行う「非常食をごちそうに変える」イベントを開催している。このたび、東京都環境局、東京都環境局のモデル事業採択事業者(フードロス・チャレンジ・プロジェクト)及び目黒区とが連携し、目黒区民の皆さんに「ごちぼう」を体験していただくため、この防災教育講座を開催した。

講座開催に先立って青木英二目黒区長から、「政府の発表でマグニチュード7の地震が起きる確率が向こう30年で70パーセントと言われています。災害の時もっとも大事なことは、皆さんの協力、絆だと思います。本日の防災教育講座を通じて、地域の皆さんの絆が、ご家庭の絆が、さらには地域の防災力がさらに高まることを期待しています。」と、挨拶があった。

その後、「ごちそうとぼうさい」プロジェクト主催者である吉田裕美氏から事前レクチャーがあり、「非常食を備えていますか?」、「非常食といえば何が浮かびますか?」、「あなたにとっての非常食の条件は何ですか?」等について、参加者に質問しながら、現状の非常食への意識の確認を行った。

続いて実習に移り、講師のキムラカズヒロ シェフから非常食をごちそうに変えるメニューの実演と実習があり、アルファ化米とイワシやサンマなどのいろんな缶詰めをごちゃ混ぜにすることで複雑で奥深い味わいの出るごはん、「いろいろ魚缶と野菜の煮物」や、保存性がありナッツやドライフルーツ等、自分にあったものを入れてアレンジできる、クラッカーを使ったデザート「ザクザク、クラッカーヌガー」の紹介が行われた。

参加者が作ったメニューを実食した後、吉田裕美氏から、非常食をサバイバル時の「食料」としてだけではなく、長くなりがちな被災生活での「食事」として捉え、自分にあった非常食を見つけることの重要性やローリングストック法の必要性(家庭での自助)と場を囲み、実習し、話し合う、食事の大切さ(実際の避難生活時の共助)について事後レクチャーがあり、「ごちぼう」は締めくくられた。

参加者からは、「家庭で備蓄はそれなりにしていますが、置きっぱなしで賞味期限が過ぎちゃうなと思ったりしています。今日は、備蓄してあるものを、料理に生かすと聞いて参加してみようと思いました。いつも考えているわけではありませんが、これからはローリングストック法について心掛けて行こうと思いました。」と感想を話していた。

この記事の問い合わせ先

危機管理室 防災課 電話03-5723-8700

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.