このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成27年度分 の中の 地域づくりフォーラム「広げよう つなげよう 目黒のささえあい」開催(平成28年3月12日) のページです。

本文ここから

地域づくりフォーラム「広げよう つなげよう 目黒のささえあい」開催(平成28年3月12日)

更新日:2016年3月16日

3月12日(土曜日)に、目黒区民センターホールで地域づくりフォーラム「広げよう つなげよう 目黒のささえあい」が開催された。
目黒区では、介護保険法改正による新しい介護予防・日常生活支援総合事業(以下「新しい総合事業」。)を、平成28年4月から実施する。新しい総合事業では、従前の介護事業者による専門的な介護サービスだけでなく、地域の実情に応じ地域住民が主体となった生活支援サービスや、支え合い活動の創出を進めていくことが重要となる。

本フォーラムでは、区内で支え合い活動を実施している団体の、更なる活動の展開に資すること及び、区民に対して支え合い活動の意識の醸成を図ることを目的とし、公益財団法人さわやか福祉財団 会長 堀田力氏を講師にむかえて、地域の支え合い活動に関する講演や、活動団体を紹介することで区民の意識啓発を図る。
堀田力氏による基調講演は「目指すべき地域像 助け合いの仕組みがあるまちづくり」をテーマに行われ、「助け合いはお金ではなくお互いの気持ちなので、絆づくりになります。絆を深めるためには地域内での居場所づくりが不可欠です。地域での助け合いの居場所を見つけた結果、介護度が改善されたかたもいます。」と具体例を交えながら話し、全てのかたが住み慣れた地域で、相互に助け合い安心して暮らしていけるまちづくりを実現させるために、いま何ができるか?を考えさせられる内容となった。

また、パネルディスカッションでは、「できることからやってみよう!支え合いにつながる身近な取り組み」をテーマとし、堀田力氏をコーディネータ、区内の支え合い活動を実施している団体(大岡山西町会 茶話会・月光原脳トレクラブ・ゆうゆうクラブ・NPO法人関東シニアライフアドバイザー協会)をパネリストに討論が行われた。
各団体の活動紹介の後、コーディネーターの堀田氏から「どこかの地域団体がベースになっているのですか?」と質問があると「月光原脳トレクラブからは「独立した団体ですが、社会福祉協議会のバックアップがあり、また区立老人いこいの家の活動室を提供してもらっています。」などといった質疑や意見交換が行われ、堀田氏から「今度の総合事業で、行政・社会福祉協議会・包括支援センター・地縁組織・NPOが一体となった「協議体」が設置されますが、これを機会に地域での助け合い・居場所づくりをより拡大していきましょう。」と、意見が述べられると、活動団体のみならず、一般の参加者も、新しい総合事業による助け合いのある地域づくりについて、関心を寄せている様子が見られた。

この記事の問い合わせ先

介護保険課 地域支援事業推進係 電話番号 03-5722-9351

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成27年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.