このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成29年度分 の中の 2100年 春からクールビズ!?環境講演会「地球温暖化と私たちの未来」開催(平成30年2月17日) のページです。

本文ここから

2100年 春からクールビズ!?環境講演会「地球温暖化と私たちの未来」開催(平成30年2月17日)

更新日:2018年2月22日

2月17日(土曜日)、中目黒住区センターにおいて、環境講演会「地球温暖化と私たちの未来」が開催された。この講演会は、エコライフめぐろ推進協会が区民に環境問題への関心を高めてもらうために開催するもので、今回は「地球温暖化」をテーマに、講師に国立環境研究所気候変動リスク評価研究室長の江守えもり 正多せいた氏をむかえ、地球は本当に温暖化しているのか、未来はどうなっていくのか、地球のために私たちはどう向き合っていくべきなのかなどについて講演がおこなわれた。

講演に先立ち、環境省が企画・制作するDVD「気候変動への挑戦」がダイジェストで上映され、このままのペースで地球温暖化が進んだ場合の2050年の日本の天気などが紹介された。

江守氏による講演では、地球温暖化のしくみや予測される100年後の気温上昇量、パリ協定の内容やそれに係る世界の動き、「今世紀後半に人為的な温室効果ガスの排出と吸収源による除去の均衡を達成する」とはどういうことかなど、国連気候変動に関する政府間パネル第1作業部会第5次報告書(IPCC WG1 AR5)からの情報等を引用しつつ、直観的に理解しやすいグラフと身近な事例を交え、地球温暖化対策の現状と今後について分かり易く説明がなされた。江守氏は、「温暖化対策は、我慢して省エネに取り組むという話ではなく、世界の仕組みが変わっていくという話になっています。国の政策を確認して自分の意見を持つ、世界のニュースに目を向ける、また、近くの人と温暖化について意見交換するなどでも結構ですので、普段から温暖化対策に関心を持っていただければと思います。」と語った。

講演後は質疑応答の時間が設けられ、参加者からは、再生可能エネルギーに係る国の予算について、エアロゾルと温暖化について、太陽活動と温暖化について、今年の日本海側の大雪は温暖化の影響か、CO2しーおーつーの排出が減ると温暖化前の気温に戻るのか等の質問がされた。

この記事の問い合わせ先

エコライフめぐろ推進協会 電話番号 03-3715-7835

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成29年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.