このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成29年度分 の中の 東日本大震災復興支援コンサート開催(平成30年3月4日) のページです。

本文ここから

東日本大震災復興支援コンサート開催(平成30年3月4日)

更新日:2018年3月12日

3月4日(日曜日)、めぐろパーシモンホール小ホールで「東日本大震災復興支援コンサート」が開催された。このコンサートは、東日本大震災の発生から月日が流れても震災を風化させることなく、目黒区友好都市である宮城県気仙沼市の音楽家と目黒区の音楽家によるコンサートを通じて、被災地の復興を支援していくことを目的として開催されるもので、一昨年から引き続き今年で3回目の開催となる。宮城県気仙沼市の市民吹奏楽団や気仙沼市出身の音楽家等が出演し、チケットは前売りで完売するほどの人気コンサートとなった。


震災から7年をむかえる今年も復興支援を目的に開催

第1部では、気仙沼市民吹奏楽団と目黒吹奏楽団(昨年コンサート時のヤマハ目黒吹奏楽団より改名し、目黒吹奏楽団として引き続き参加)の混成楽団による演奏がおこなわれ、気仙沼市民吹奏楽団からは9人の団員が参加した。1曲目は、ベルギーの鉄道工場吹奏楽団創立50周年を記念して1995年に作曲された「アルセナール」が披露され、復興の先の未来に向けた力強い音色と混成楽団とは思えない息の合った演奏に、来場者からは大きな拍手が送られた。そのほか、宮城県仙台市出身の岩井俊二氏作詞で震災復興曲として世界で愛される「花は咲く」が演奏されたほか、「トランペット吹きの休日」や「ディズニー・ファンティリュージョン!」等、子どもから大人まで楽しめる選曲も披露された。

第2部では、気仙沼市出身のシンガーソングライター畠山美由紀氏によるコンサートがおこなわれ、ミュージカル映画オズの魔法使でおなじみの「オーバー・ザ・レインボー」やオリジナルソング「風の栞」、「わが美しき故郷よ」等が披露された。


気仙沼市出身の畠山氏によるコンサート

また、第2部の終わりには、目黒区立中目黒小学校合唱団が登場し、中島みゆきの「糸」や福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生等によって作詞された「群青」等が披露された。美しい歌声がホールいっぱいに響くと、来場者の中には目に涙を浮かべながら熱心に聞き入る人も見られた。

その他、めぐろパーシモンホール小ホールホワイエでは、同時開催イベントとして、宮城県気仙沼市の特産品が集合した物産展と被災当時の様子を記録した写真展が催され、コンサート来場者のみならず多くの人で賑わった。

このコンサートのチケット収入の一部は被災地に寄付される。


ホワイエでは気仙沼市特産物物産展や震災の写真展が催された

この記事の問い合わせ先

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール 電話番号 03-5701-2913

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成29年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.