このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区報道ニュース 平成29年度分 の中の めぐろパーシモンホール開館15周年記念公演 未来の音 ガラ・コンサート開催(平成30年3月21日) のページです。

本文ここから

めぐろパーシモンホール開館15周年記念公演 未来の音 ガラ・コンサート開催(平成30年3月21日)

更新日:2018年3月26日

3月21日(水曜日・祝日)、めぐろパーシモンホール大ホールで「未来の音 ガラ・コンサート」が開催された。めぐろパーシモンホールでは、平成19年から「これからの時代を響かせる、若き演奏家たちの「今」を聴く。」をコンセプトに、若手演奏家を紹介することを目的とした小ホールのリサイタル・シリーズ「未来の音」が開催されてきた。


エール弦楽四重奏団による演奏

これまでに26組の若き演奏家たちが出演し、彼らの望むプログラムで、その時にしか聴くことのできないさまざまな音楽が披露されてきた。現在も多くの演奏家が国内外で活躍しているが、今回はめぐろパーシモンホールの開館15周年を記念し、会場を大ホールに移し、これまでの出演者の中でも特に目覚ましい活躍を見せる演奏家が「未来の音 ガラ・コンサート」に出演した。

コンサートは北村朋幹氏によるピアノ演奏から始まり、「シューマン:ダーヴィト同盟舞曲集Op.6(初版)」が披露され、続いて、郷古廉氏によるヴァイオリン演奏(ピアノ、加藤洋之氏)では、「ルクー:ヴァイオリン・ソナタ ト長調」、横坂源氏によるチェロ演奏(ピアノ、北村朋幹氏)では、「ラフマニノフ:チェロとピアノのためのソナタ ト短調 Op.19」が披露された。

その他、エール弦楽四重奏団として山根一仁氏(ヴァイオリン)、毛利文香氏(ヴァイオリン)、田原綾子氏(ヴィオラ)、上野通明氏(チェロ)によって「シューベルト:弦楽四重奏曲 第13番 イ短調D.804, Op.29「ロザムンデ」」が披露された。

独奏から弦楽四重奏までの編成で、それぞれの演奏家が今、演奏したいと希望する作品が揃ったプログラムとなり、個性が光る熱演に来場者からは大きな拍手が送られていた。


アンコールでの演奏

この記事の問い合わせ先

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール 電話番号 03-5701-2913

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース 平成29年度分

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.