このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区動画ニュース の中の 平成29年10月20日(金曜日)目黒の歴史はここにおまかせ!めぐろ歴史資料館 のページです。

本文ここから

平成29年10月20日(金曜日)目黒の歴史はここにおまかせ!めぐろ歴史資料館

更新日:2017年12月13日

動画のサムネイル

動画の視聴

mp4ファイル(9MB)

Windows Media Player用wmvファイル(28MB)

WindowsMediaPlayerをお持ちでない方は、こちらのページよりダウンロードしてください。

動画内の音声

めぐろ歴史資料館は中目黒駅から山手通りを五反田方向に歩いて12分。目黒区清掃事業所手前にある看板が目印です。

この路地に入るとすぐ右側に現れるのがめぐろ歴史資料館。統廃合となった目黒区立第2中学校の1階を改装し、2008年の9月21日に開館しました。

めぐろ歴史資料館が目指しているのは「人、資料(モノ)、情報」が結びついた出会いと発見の展示です。

(めぐろ歴史資料館 研究員 中島丈晴)歴史、民俗、考古資料を中心に、目黒の原始・古代から現代までを展示しております。もともと学校だったということもあって、少し天井が低いんですね。そうすると防災法とかの関係で、展示ケースを低くしないといけないそうなんです。ほかの博物館に比べて、展示ケースが若干低いんですけれども、逆にそのことによって、車いすに乗られたかたとか、あとお子さんですね、子どもさんがかえって見やすいというふうな、そういったご意見も、お言葉もいただいてます。

展示室は2つ。常設展示スペースと企画展示スペースに分かれ、内容にあわせて多彩な展示が可能となっています。

常設展示スペースでは、目黒の歴史に関する展示が行われています。旧石器時代をスタートに、中世、近世、近代、そして現代へとその時々の人びとの暮らしに関する資料を展示しています。

現在、目黒とよばれるこの地域はどのような地形や自然、地理的条件の中にありそこではどのように人びとの暮らしが営まれてきたのか。その移り変わりを大きなテーマに、分かりやすく目黒の歴史を紹介しています

企画展示スペースでは、資料館所蔵資料を中心とした企画展を年4回実施しています。

9月26日から11月19日まで行われていた秋の企画展では「将軍の鷹狩りと綱差権兵衛つなさしごんべえ 川井家の文書の世界」を開催しました。

この企画展では、江戸時代に徳川将軍家の鷹狩りの場所の1つであった当時、目黒筋めぐろすじと呼ばれた地域で代々綱差役つなさしやくを務めた川井家に伝来してきた古文書などが79点展示されていました。

こちらの史料は、鳥の餌代と人件費177日間分を書き上げたもので、ここから鰻を混ぜた餌を与えていたことがわかります。

そのほか、武士などの特権階級にのみ認められていた苗字帯刀を願い出た文書なども展示され、当時の綱差役の生活を垣間見ることができる展示となりました。

(めぐろ歴史資料館 研究員 中島丈晴)当館のほうでは毎年、昔の暮らしと道具の社会科の単元があるんですけれども、昔の道具を実際に見せながら、そういった暮らしの様子なんかを子どもたちに教える、そういったこともやっております。

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで


以下 奥付けです。