このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区動画ニュース の中の 目黒区動画ニュース 平成26年度分 の中の 平成26年5月10日(土曜日) 第一号!目黒区総合庁舎ウエディング のページです。

本文ここから

平成26年5月10日(土曜日) 第一号!目黒区総合庁舎ウエディング

更新日:2016年12月28日

動画のサムネイル

動画の視聴

mp4ファイル(41MB)

Windows Media Player用wmvファイル(52MB)

WindowsMediaPlayerをお持ちでない方は、こちらのページよりダウンロードしてください。

動画内の音声

5月10日、目黒区総合庁舎で結婚式が行われました。結婚式を挙げたのは、世田谷区在住の宮地 国彦みやち くにひこさん、いのりさん夫妻です。目黒区総合庁舎で結婚式をあげたのは、宮地さん夫妻がはじめてとなります。

この建物は、文化勲章を受章するなど日本を代表する建築家として知られる村野 藤吾むらの とうごが設計し、昭和41年に旧千代田生命の本社ビルとして建てられました。その後、目黒区が購入し、平成15年から区の総合庁舎として利用されています。総合庁舎には緩やかなつくりのらせん階段や特徴的な空間をもつエントランスなどがあります。

目黒区では、文化的にも価値の高いこの庁舎を結婚式場として貸し出す事業を開始し、今回、宮地さん夫妻が第一号となりました。親族や友人などおよそ50人の参列者が見守る中、新郎新婦は指輪の交換や誓約書へのサインなどを行い、永遠の愛を誓いあっていました。
式には青木英二目黒区長も参列し、直筆の色紙を手渡すなどして二人の門出を祝ったほか、会場内ではお祝いの歌も披露され、庁舎は普段と違った華やかな雰囲気に包まれていました。
ともに建築関係の仕事をしている宮地さん夫妻は、村野藤吾の建築物に憧れをもっていたため、総合庁舎を結婚式の会場に選びました。

(宮地国彦さんインタビュー)建築の世界ですごく有名な建物なので、その中でこうやって皆さんに祝っていただくことができて本当に幸せに思っています。普段今は区役所として使われていますが、こうやって結婚式場として使うということで、この建築の一つの新しい魅力を引き出すことができたのではないかと思っています。
(宮地いのりさんインタビュー)すごく華やかにしていただいて、すごく幸せな気分です。この建物が区民の方々に愛されて長く使われるといいと思います。

(青木区長インタビュー)とても素敵な華やかな雰囲気で、毎日私この前を歩いているんですけれども、全然普段と違うイメージだったなと思います。本当に貴重な財産を目黒区内外の皆様に結婚式場という形で区として提供できたことを大変今うれしく思っています。

このウエディング事業は、目黒区の若手職員で構成する新たな歳入確保策検討会が発案したもので、今後、歳入確保や庁舎のイメージアップにつながるものと期待されています。

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。