このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

目黒の地名 中根(なかね)

更新日:2014年2月3日

「目黒の地名」は、「月刊めぐろ」(昭和55年8月号から昭和58年4月号)の掲載記事を再構成し編集したものです。

目黒の地名 中根

今日の東横線都立大学駅辺りの荏原台という台地から呑川に滑り込む傾斜地一帯を中根という。一般に地名には、地形、地理にちなんだものが多く、中根はその一つである。

この地名の由来は「中」と「根」の二つに分けて考えられる。順序が逆になってしまうが「根」から説明しよう。山の峰や尾根から平地に向かって成す斜面が、まさに平地に届こうとするところは「根」といわれる。古くから、「根」は住居に適した場所といわれ、これを裏付けるかのように中根付近には貝塚が多い。

次いで「中」だ。中根は、江戸時代、目黒六カ村の一つ衾村ふすまむらの小字名であったが、ちょうど同村の中央に位置しているので「中」が付いたともいわれている。衾村ふすまむらは高台にあったが、中央部が低地となっており、平根、東根といったように他にも「根」のつく地名が幾つかあった。

江戸時代から脈々と続いてきた地名、中根。明治22年の町村制施行で「中根西」となり、昭和7年の区制施行とともに「中根町」、さらに昭和40年に住居表示制度が施行されてからは「中根一丁目・二丁目」というように。しかし、その区域はというと、大きく変わった。特に大正から昭和にかけての耕地整理で街区が整えられてからは、往時の「中根」が今日のどこに当たるのか、その境界を明らかにするのが困難なほど様変わりを遂げている。

イギリスでは、地名と都市の境界を変更しないので、何と百年前のロンドン市街地図が今日でも役立つという。あの名探偵シャーロック・ホームズに登場するベーカー街も、昔からのままという。江戸郊外の農村から都市へ、中根は、境界が変わるのと呼応するかのように都市化が進み、今日では、東横線都立大学駅周辺は商店街に、そして「根」の斜面は閑静な住宅地になっている。

お問合せ

このページは、区民の声課 区政情報コーナーが担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9480

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.