このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

歴史を訪ねて 北部地区

「歴史を訪ねて」は、「月刊めぐろ」昭和54年6月号から昭和60年3月号の掲載記事を再構成し編集したものです。

  • 歴史を訪ねて 近代農法発祥の地・駒場
    駒場二丁目にある水田は、かつての駒場農学校農場の一部です。わが国で初めて水田での肥料試験が行われた、農学史を飾る由緒ある水田なのです。
  • 歴史を訪ねて 駒場農学校
    駒場公園には、日本農学発祥記念の地ケルネル田んぼがあります。駒場農学校が、日本近代農学の発展に果たした役割は、計り知れないものがあり、なかでも、群馬の農民船津伝次平と、水田にその名を残したケルネルら2人の活躍はめざましいものでした。
  • 歴史を訪ねて 旧前田家本邸
    昭和4年から5年にかけて、前田家16代当主前田利為侯爵は、駒場の約1万坪の敷地に、地上3階地下1階建ての洋館と、これを渡り廊下で結んだ2階建て純日本風の和館とを相次いで竣工させ、当時東洋一の大邸宅と人々の目を見張らせたものでした。
  • 歴史を訪ねて 西郷山の従道邸
    青葉台二丁目周辺は、別名西郷山とも呼ばれています。それは、明治の初めに西郷隆盛の弟従道(じゅうどう)が付近の地形を生かした広い庭園を造り、立派な建物を構えていたからです。
  • 歴史を訪ねて 駒場野一揆
    幕末の政治の急変は、江戸近郊の野菜の生産地目黒にも無関係ではなく、農民たちが竹やりを持って幕府の役人に立ち向かうという事件もあったのです。
  • 歴史を訪ねて 駒沢練兵場
    明治政府が富国強兵策を進めるに至って、駒場野周辺は、軍用に適した土地として、再び注目を浴びることになりました。
  • 歴史を訪ねて 東山貝塚遺跡
    区内でこれまで確認されている54か所の遺跡のうち縄文時代中期の遺跡は43か所です。しかも、東山貝塚遺跡や油面遺跡、大橋遺跡などは大規模な集落であったことが発掘調査によりわかってきました。
  • 歴史を訪ねて 目黒の鷹狩り 1
    目黒といえば、さんま・タケノコ・不動尊で知られていますが、これらは徳川歴代将軍の鷹狩りと深いかかわりがあります。
  • 歴史を訪ねて 目黒の鷹狩り 2
    現在、東京大学教養学部のあるあたりの駒場野は、江戸時代には人の背丈ほどもある笹が一面に生えた広大な原野で、野鳥やイノシシがたくさん生息していたといわれています。
本文ここまで


以下 奥付けです。