このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

歴史を訪ねて 目黒の地蔵尊信仰

更新日:2013年10月1日

「歴史を訪ねて」は、「月刊めぐろ」昭和54年6月号から昭和60年3月号の掲載記事を再構成し編集したものです。

目黒の地蔵尊信仰

釈迦の入寂にゅうじゃく後、弥勒菩薩が出現するまでの間、六道ろくどうに輪廻する衆生を教化救済する菩薩が地蔵菩薩である。6世紀の初め、インドの仏教破壊を憂慮した仏教徒が、「大日経」などに出てくる地蔵菩薩を中心に、「地蔵本願経」をつくったが、この信仰が中国に伝えられ、「地蔵十王経」となった。中国の民間信仰と融け合い、広く民衆の間に伝播したようである。「内に菩薩の行を秘し、外に比丘を現じ、左手に宝珠を、右手に錫杖を持し、千葉の青蓮華に安住する」地蔵菩薩の像が世に流布した。

わが国には8世紀ころ伝来、平安時代後期の貴族層に広まり、地獄の苦しみから救済してくれるのが地蔵だとされ、鎌倉時代に入ると阿弥陀浄土信仰と融合して、広く民衆に広まっていった。道祖信仰とも結び付き、村の辻々に像が建てられた。また、子どもを救済するという信仰がおこり、子安地蔵となってあらゆる階層に浸透していった。江戸時代に最も盛んとなり、延命地蔵や六地蔵、千体地蔵など各地で地蔵講が催された。

目黒の地蔵尊

お地蔵様にまつわる言い伝えは各地に多い。それだけ地蔵尊信仰は人々の心に深く刻みこまれている。本来、地蔵尊は、野道や山道で風雨にさらされながらも、功徳を求め、心の救いを求める、すがるものなき悲しい衆生に恵みを与えた仏であったので、あらゆる宗派をこえて信仰されたのであろう。

目黒でも地蔵尊信仰は盛んである。それぞれに由来や伝説を秘め、お寺の境内や往来の辻々にひっそりとたたずんでいる。その幾つかを紹介してみよう。

駒場の〆切地蔵

玉川通りを大坂上で分かれて西へ進む補助52号線、通称淡島通りが世田谷区へ入る地点、駒場二丁目17番にある。駒場の東の入口を松見地蔵が、西の入口をこの地蔵が守っている。お堂の中には3体の地蔵が並んでおり、江戸時代の延宝から元禄年間に建立されたもののようである。板きれに由来らしきものを書いたものがあったという。

「コノ地蔵ハ、駒場、下代田、池尻ノ、境ニアル仏デアリマス。昔ノ人ノ伝エ聞ク話ニ依ルト、明治初年以前、西駒場地蔵(一名〆切地蔵)ト申サレ、隣村に悪病流行致ス時ハ、当駒場ノ村人一同、百万ベント云フ念仏ヲトナエ、地蔵尊ニ願ヲ掛ケ、当時ニハ一名ノ病人モ無ク、安心シテ生活シテコラレタノ由。悪病悪魔〆切ト云フノデ〆切地蔵ト申サレ、今デモ重病人ノ在ル方ハ、〆切地蔵ニ一週リ(現今ノ一週間)、モシ一週リニテ御利益ナキ時ハ、二週リ御願申セバ必ズ快方ニ向フトノ伝説デ御座リマス。又此ノ地蔵ニ『イタズラ』又賽銭ヲ取ルマタハ不心得ノ者ハ、一ヶ月以内ニ必ズ災難ニアフトノ事、又他何事ノ願デモ必ズ誠心誠意ノ方ニ成就スル事『ウタガイナシ』」

それには、このように書いてあり、昔から霊験あらたかで親しまれていたお地蔵様である。

成就院のお静地蔵

下目黒三丁目11番の「たこ薬師」の通称で知られる成就院の境内東側に安置される石仏群は、中心に阿弥陀如来、その右に観音3体、左に地蔵尊3体からなる。地蔵尊は左から、金剛宝こんごう金剛憧こんごうどう金剛願こんごうがんの各地蔵であり、3体あわせて寺ではお静地蔵と称している。寺の由来記によれば、徳川二代将軍秀忠の側室で、会津城主松平家の祖、保科正之の生母、お静の方の発願により順次奉納されたとある。

まず江戸城中奉公を祈念し、あるいは将軍の寵愛を、あるいはお腹様となることを祈3体の観音を奉じ、素願なり慶長16年(1611年)幼名「幸松麿」を授かり、その後は、子のつつがない成長を祈り、あるいは家康の側室見性院殿けんしょういんでんの庇護を願い、あるいは保科正光の養子たらんことを祈り、3体の地蔵を奉じた。目黒の鷹狩りの帰途、参拝した3代将軍家光と住持舜興しゅんごう和尚と法談の縁により、幸松麿元服後保科正之となり、信州高遠3万石の城主に出世し、お静の方は大願成就の礼とし、中尊如来を納めた。後に会津城主となった正之は四代将軍家綱の後見となり、善政を施した。以後、今日までお静地蔵は縁結び、寵愛、子宝、子育て、福徳の霊験いちじるしく、広く信仰をあつめている。

蟠龍寺ばんりゅうじのおしろい地蔵

下目黒三丁目4番にあり、岩屋弁財天で知られる蟠龍寺ばんりゅうじには「おしろい地蔵」がある。
元禄11年(1698年)の建立とされる。地蔵の顔におしろいを塗り、残りを自分の顔につけると美人になるという信仰があり、特におしろいに縁のある歌舞伎役者に信仰された。

お問合せ

このページは
区民の声課 区政情報コーナーが担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9480

本文ここまで


以下 奥付けです。