このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

水害ハザードマップ

更新日:2016年6月6日

目黒区水害ハザードマップは、大雨による河川の増水や下水道処理能力を超える流入により、水があふれた場合の城南地区区域図(平成16年5月東京都作成)に基づき、浸水する範囲やその程度、避難所を示し、区民の皆様の避難などに役立つよう作成したものです。

水害ハザードマップの想定雨量

想定している大雨の規模は、平成12年9月に発生した東海豪雨(総雨量589ミリメートル、時間最大雨量114ミリメートル)の降雨実績を基に作成しています。

水害の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川・下水道の整備状況によって変わることもあります。したがって、大雨が降ると、常にこの地図のような浸水があるというものではありません。また、この地図表示以外の場所でも、状況によっては浸水することもありますので、十分にご注意ください。

大雨の際には、区から避難勧告や避難指示がでる場合もありますので、各種の情報には十分にご注意ください。いざというときに備えて、避難所などを確認しておいてください。

水害ハザードマップの凡例

浸水したときの水の深さは、一辺が50メートルのメッシュ(区画)単位で、水の深さに応じた色で表示しています。

一般的に河川沿いは低地であるため、浸水したときの水の深さが大きくなり注意が必要です。また、河川から離れていても、青色・水色・緑色で示されている場所では、地盤が低いために、浸水したときの水の深さが大きくなるので注意してください。色が塗られている地域について、ご心配の方もいらっしゃると存じますが、区民の皆さまの安心・安全のために、情報提供することを最優先し、地図を作成しました。

水害ハザードマップのダウンロード

関連するページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。水害にそなえて 都市型水害対策に対する東京都の取組

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。城南地区河川流域浸水予想区域図、浸水予想区域図Q&A集

以上の関連するページについての問合せ先

東京都建設局 河川部計画課 中小河川係(新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第二本庁舎、電話 03-5320-5414)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ

このページは
防災課が担当しています。

所在地 〒152-0001 目黒区中央町一丁目9番7号(防災センター内)

電話 03-5723-8700

ファックス 03-5723-8725

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

シャツ姿の画像

5月1日から10月31日まで職員は軽装で執務いたします
区役所や地区サービス事務所などでは、室温を28度以上に設定しています。このため、職員はノーネクタイ、ノー上着の軽装で執務いたします。

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。