このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

学校給食に使用する米と飲用牛乳

更新日:2018年6月1日

学校給食に使用する米

目黒区教育委員会は、東京都米穀小売商業組合目黒支部と協定を締結し、以下の米穀を使用しています。学校によっては、これ以外の米穀を使用している学校もありますので、詳細は各学校にお問い合わせください。

29年産北海道「ななつぼし」

学校給食に使用する飲用牛乳

全小学校・中学校において同じメーカー・製造工場のものが、毎日工場から学校に直接納入されます。

原乳の主な集乳エリアは、北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県、埼玉県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、静岡県、福島県、愛知県となっています。ただし、これらの集乳エリアの中で、入荷されるエリアは日ごとに異なります。原乳については、国や各都道府県が多数の酪農家から集められた原乳について放射性物質検査を適切に実施し、安全性を確認しています。

また、目黒区の飲用牛乳を製造する工場では、製造メーカーが、使用する原乳について独自に検査を毎日実施しています。

東京都における学校給食用牛乳供給事業の実施主体である東京学乳協議会では、目黒区に納品している製造メーカーを含む各学乳供給事業者の学校給食用牛乳の放射性物質検査を実施しています。

目黒区が実施した米・牛乳の放射性物質検査の結果について

目黒区では、学校給食で使用する米と牛乳について、ゲルマニウム半導体検出器による放射性物質検査を実施しています。米は産地が切り替わるごと(年2回程度)、牛乳は年4回検査を実施しています。

結果

各検査日において、米、牛乳ともに、放射性セシウムは検出されていません。

関連するページ

学校給食食材の産地公表

区立小・中学校の給食食材の産地公表に関することです。

給食の放射性物質検査

区立保育所、区立小・中学校、区立幼児療育通所施設、区立幼稚園の給食食材等の放射性物質検査結果をまとめたページです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。原乳の放射性物質の検査結果について(農林水産省ホームページ)

農林水産省が、都道府県等が発表した結果をまとめたページです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人東京都学校給食会

安全・衛生のページに放射性物質検査の結果があります。

お問合せ

このページは、学校運営課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9304

ファックス 03-5722-9333

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.