このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

あいかわらず多い架空請求・不当請求

更新日:2008年7月3日

事例 携帯電話にいきなり脅迫 その1

今朝、知らない男性から、利用した覚えのない出会い系サイトの利用料の請求が携帯電話にかかってきた。本日中に支払わないと延滞料金が発生し、損害額も請求する、いつまでも放っておくと裁判にかける等、脅しと思われるような内容でとても怖い思いをした。支払ったほうがよいか。(40歳 男性)

アドバイス

このような相談が、多く寄せられています。利用していない料金は、支払う必要は全くありません。

支払うと悪質な業者をますます助長させる事になりかねません。不当な請求、しつこい請求があった場合は、これ以上の個人情報(住所、氏名等)を相手に教えず、毅然とした態度で払うつもりはないと、断ることが一番です。

また、相手の業者名、電話番号など分かれば警察に通報してください。警察もこのような悪質業者の摘発に乗り出しています。

事例 携帯電話にいきなり脅迫 その2

利用した覚えはないが、総合情報サイトの退会手続きが無料期間中に済んでおらず、料金が発生していると携帯電話に料金請求メールがあり、覚えがなければ至急連絡するよう書いてあった。連絡すると、債権回収業者と名乗り、払わないと電話番号から会社や住所を調べて、取り立てにいくぞと脅された。請求金額は、延滞料や調査料含めて60万円。会社に来られたら困る。どうしたらよいか。(27歳 男性)

アドバイス

電話番号から会社や住所などを、調べることはできません。また、大量に番号メールを送り、連絡してくる人がいれば、脅して支払わせる手口です。少ない経費で利益を出せるので、このような業者が、手間をかけて取り立てに行くことは実際には考えられません。

そもそも、利用したものは利用した業者に支払いをしなければなりませんが、根拠のない請求は支払う必要はありません。

事例 裁判所や弁護士をかたる架空請求

何かの情報関係の利用料金を請求するハガキが届いた。法律用語がいろいろ書いてあるが、まったく身に覚えが無い。架空請求だと思うが、テレビで「無視してはいけない場合がある」と聞いたので心配だ。

アドバイス

この場合、利用していなければ支払い義務はありません。これまでどおり無視してください。記載されている番号には、電話をかけてはいけません。弁護士を名乗る請求のハガキが届いても、対応は同じです。念のため、すぐ消費生活センターにご相談ください。ハガキは、証拠となりますのでしばらく保管してください。

ただし、発送元が裁判所である場合は、身に覚えがなくても放置せず、次に従ってください。

裁判所からの通知が届いた場合の対処方法

  • 裁判所を装っている可能性もあるので、通知にある番号に電話してはいけない。まずは消費生活センターか弁護士に相談して見てもらう。
  • 裁判所からの正式な通知だった場合は、放置すると不利益をこうむりかねない。必ず、裁判所に連絡し、裁判手続きなどを確認する。対処方法については消費生活センターや弁護士に相談する。(例えば、支払督促であれば、債務者の言い分を聞かずに発行されるので、2週間以内に同封の用紙で異議を申し立てる。)
  • 裁判所から「支払督促」や「呼出状」がハガキで届くことはない。

事例 「裁判を起こした」などとかたる架空請求

請求根拠が不明確な何らかの料金を、ハガキで脅迫的に請求する手口が横行しています。「裁判を起こした」、「裁判取り下げ最終期日」などと期限をつけて脅す場合もあります。

注意すること

  • 通知書に書いてある電話番号には、絶対に電話してはいけない。
  • 通知は放置せず、まず消費生活センターに電話して判断を聞く。
  • 裁判所から発送される「特別送達」は、はがきや、普通郵便で届くことは、あり得ません。不審に思ったら、すぐ電話で消費生活センターへ相談しましょう。

事例 架空請求や不当請求のハガキ

請求根拠が不明確な何らかの料金を、ハガキで脅迫的に請求する手口が横行しています。「法的手段をとる。」「自宅や職場に取り立てに行く。」などと書いてあったり、「法律事務所」や「公的機関」をもっともらしく名乗って信用させようとする場合があり、要注意です。

アドバイス

利用した覚えがない物やサービスの利用料金は、一切、支払い義務はありませんたとえ使った覚えがあっても、安易に業者と連絡をとるのは危険です

注意すること

  • 身に覚えがなければ、絶対支払わず、無視する。
  • 業者に、絶対連絡をとってはいけない。
  • まずは消費生活センターに相談する。
  • 業者に氏名、住所、勤務先等個人情報を決して教えない。
  • 請求のハガキは、証拠として保管しておく。
  • 脅迫を受けた場合は、警察にも相談する。

お問合せ

このページは
消費生活センターが担当しています。

所在地 〒153-0063 目黒区目黒二丁目4番36号(目黒区民センター1階)

電話 03-3711-1133

ファックス 03-3711-5297

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

手洗いの画像

インフルエンザに気をつけましょう
インフルエンザの予防、拡大防止に、より一層注意するとともに、感染が疑われる場合には、早めに医療機関を受診し、体調管理にも十分に気をつけてください。

スマートフォンを操作する画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

くらしのガイド表紙画像

くらしのガイド(区民便利帳)
区のサービスや施設の利用方法などの行政情報のほか、医療機関など地域の生活情報も掲載しています。お手元に置いて、折に触れ、ご活用ください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。