このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

介護サービス拠点の整備

更新日:2018年5月12日

地域密着型サービス事業所の整備にご協力ください

介護が必要な高齢者が住み慣れた地域で暮らすため、認知症高齢者グループホームをはじめ、さまざまな介護サービスの拠点(地域密着型サービス事業所)があります。事業所は区の指導のもとに、民間事業者が設置・運営していきます。土地や家屋の活用をお考えのかたは、お気軽に介護保険課へお問い合わせください。

認知症高齢者グループホームとは

介護が必要な認知症高齢者が、家庭的な雰囲気の中で、スタッフの介助や機能訓練等のサービスを受けながら5人から9人で共同生活をする場で、9人で概ね300平方メートルの広さが標準的です。

第7期介護保険事業計画(平成30年度から平成32年度まで)に基づく運営事業者の募集について

区では運営事業者を募集しています。平成30年度募集については、次のページからご覧ください。

平成30年度目黒区地域密着型サービス整備・運営事業者を募集します

地域密着型サービス拠点施設整備計画一覧表
種別 平成30年度 平成31年度 平成32年度
認知症高齢者グループホーム 6ユニット 3ユニット 3ユニット
認知症対応型通所介護 1か所 0 2か所
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 0 0 0
夜間対応型訪問介護 0 0 0
小規模多機能型居宅介護又は看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス) 2か所 1か所 2か所

整備圏域は、サービス提供地域に偏りが生じないよう配慮します。
なお、地域密着型通所介護につては、事業所数による計画管理は行いません。(合計定員増120名程度)

補助金を活用しない施設整備の場合

地域密着型サービスの事業所については、事業所の整備を行なう前に、所定の事前協議書を提出し、協議を行う必要があります。事業用地を確保する前にご相談ください。

共用型指定認知症対応型通所介護開設をお考えの方へ

共用型指定認知症対応型通所介護開設についての相談は随時受け付けます。介護保険課介護保険計画係(電話03-5722-9840)へご連絡ください。

共用型認知症対応型通所介護とは

認知症高齢者グループホームの居間又は食堂スペースを利用して、グループホームの入居者とともに、入居者と別の利用者に対して行なう指定認知症対応型通所介護です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、介護保険課介護保険計画係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9840

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.