このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の くらしのガイド の中の 国民健康保険 の中の 国民健康保険の給付 の中の 国民健康保険 出産育児一時金の支給 のページです。

本文ここから

国民健康保険 出産育児一時金の支給

更新日:2016年1月4日

給付内容

国民健康保険の被保険者が出産したとき、その世帯主に出産育児一時金として42万円が支給されます。妊娠満12週を経過した死産・流産でも支給されます。その場合は、医師の証明書が必要です。

ただし、退職後6か月以内の出産で、以前の健康保険などから出産育児一時金に相当する給付を被保険者の選択により受けとった場合は支給されません。
なお、申請できる期間は、出産日の翌日から2年以内です。

直接支払制度について

出産前に医療機関等に被保険者証を提示し、出産育児一時金の申請・受給を医療機関等に任せる旨の書面を世帯主と当該医療機関等で取り交わすことで、出産育児一時金を目黒区から直接医療機関等へ支払う「直接支払制度」を利用することができます。
ご不明な点はお問い合わせください。

受取代理制度について

直接支払制度が利用できない小規模な医療機関等で出産する場合、あらかじめ国保年金課給付係で手続きすることにより医療機関が本人に代わって出産育児一時金を受取る受取代理制度があります。ただし、医療機関によっては利用できない場合もありますので、事前にお問い合わせください。

直接支払制度、受取代理制度を利用しない場合

出産後に目黒区に出産育児一時金の申請をしていただきます。

申請に必要なものは

  • 国民健康保険の保険証(出産したかたのもの)
  • 世帯主の印鑑(簡易スタンプ式は不可)
  • 出産の事実を証明するもの(母子健康手帳、出生証明書など)
  • 医療機関・助産所から交付される「直接支払制度に関する合意文書」
  • 出産費用の領収・明細書
  • 妊娠12週を経過後の流産・死産の場合は、医師の証明書等

出産育児一時金支給申請書ダウンロードのページへ

注意事項

1 出産者と同一の国保世帯以外のかたが手続きをする場合は、上記のものと併せて、世帯主の委任状、委任されたかたの印鑑(簡易スタンプ式は不可)と身分証明書(運転免許証等)をお持ちください。

2.海外で出産した場合は帰国後の申請となり、次のものが必要です。

  • 国民健康保険被保険者証(出産したかたのもの)
  • 世帯主の印鑑(外国籍のかたはサインで可)
  • 出生証明書(和訳添付)
  • 出産したかたの出入国日がわかるパスポート

出産費の貸し付け

直接支払制度に対応していない医療機関等での出産など、出産費用の支払いにお困りのかたには、出産費の貸し付けを行っています。詳しくはお問合せください。

関連するページ

国民健康保険に関する申請書

お問合せ

このページは
国保年金課 給付係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9811

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険の給付

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。