このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の くらしのガイド の中の 仕事・経営 の中の 農業 の中の 農業体験農園 の中の ミニ農業体験農園4回目大根・白菜・キャベツの収穫(2016年11月26日) のページです。

本文ここから

ミニ農業体験農園4回目大根・白菜・キャベツの収穫(2016年11月26日)

更新日:2016年12月3日

生長した野菜の写真
ばらつきはあるけれど大きく生長しました

平成28年11月26日(土曜日)にミニ農業体験農園4回目が開園されました。
今年は雨天が多く、開園日1回目から天候の心配が付いてきましたが、4回目は前々日の初雪の影響もなく、澄んだ空気ときれいな青空の下で、大きく育った野菜の収穫を楽しむことができました。
野菜の生長は自然環境に大きく左右されます。今年の東京の前90日間の日照時間は平年比の84パーセント(11月28日現在)と、とても短い状況でした。そのためか、皆さんが種を捲いたり作付をして見守ってきた白菜・キャベツの生長がなかなか進まず、収穫を予定より2週間先延ばししたのですが、結球がまだのものもありました。
でも、生長が遅れているものは園主さんのものと交換していただいて、皆さんともに大きく成長した野菜の収穫の手ごたえを楽しむことができました。

なかなか抜けない!

やっと採れたよ

土の中にしっかりと根を張っている野菜を収穫するのは、思っていたより力が必要です。子どもの挑戦を見守っている親御さん、二人で力を合わせている兄弟や親子、最後の出番で家族に見守られて力を発揮しているお父さん。
地下に伸びている大蔵大根は手ごわくて、何かコツはないかしらという声も聞かれました。
9月4日に、落とさないようと注意しながら播いた小さな小さな種が、3か月足らずでこんなに大きく育ったことに感動を覚えます。
力を合わせて収穫した新鮮な野菜がこの後、美味しいおかずに変身して、親子で囲む食卓を一層楽しくしてくれることと思います。

身近な農地を守りましょう

毎日仕事で疲れている親御さん。学校行事や習い事などで忙しいお子さん。でも、身近な農地での開園により、参加しやすかったと思います。
自然にふれ、親子で力を合わせて、自分たちで食べる野菜の生長を種から体験し、安全で新鮮な野菜を食卓に運ぶ経験は、良い思い出になったのではないでしょうか。

目黒区で農地を守り続けることはとても大変なことで、毎年少なくなっています。
目黒区と目黒区の農家の方々、また、農家の方々の集まりである目黒区農業振興運営協議会は、都市農地を保全するためのひとつとして、区民の皆様に都市農地にふれ、楽しんでいただくとともに都市農地の大切さを感じていただくことを目的に、きゃべつの収穫、じゃがいも掘り、ぶどう狩り秋野菜の収穫体験農園の開園や米ナスや今回のミニ農業体験のような農業体験農園を開園しています。
めぐろ区報やホームページでご案内しますので、ご参加いただき、楽しみながら都市農地の大切さを感じてください。

お問合せ

このページは
産業経済・消費生活課 経済・融資係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9880

ファックス 03-5722-9169

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。