このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の くらし・手続き の中の 仕事・経営 の中の 農業 の中の 収穫体験農園 の中の じゃがいも掘りを実施しました(2016年6月) のページです。

本文ここから

じゃがいも掘りを実施しました(2016年6月)

更新日:2016年7月8日

じゃがいも掘りの様子の写真
お知り合いと和気あいあい。会話もはずみます

平成28年6月25日(土曜日)、収穫体験農園「じゃがいも掘り」を実施しました。
梅雨の真っただ中で当日の朝まで雨の心配をしましたが、ほとんど降られることなく、そして暑すぎることもなく、じゃがいも掘りをするにはちょうど良い天気となりました。
じゃがいも掘りは毎年多数のお申し込みがある人気のイベントです。今年は園主さんたちが例年より多くの株数を準備してくださり、248組のみなさんに楽しんでいただくことができました。

普段土に触れることの少ない都市で生活しているためか、掘り始めると、子どもも大人もどんどん引き込まれていきます。土の感触を楽しみ、土の中から真っ白なじゃがいもを見つけて喜び、そのじゃがいもがとても大きかったり本当にちいさかったり、面白い形をしていたりして楽しみ、自分たちで掘ったじゃがいもをどうやって食べようかと話しをしながら食卓に並べるじゃがいもの料理を想像することができます。時折、虫を見つけてみんなで観察している姿も見られました。
「たくさん採れたね。これ、なんの料理にしようか?」とお母さんが子どもに話しかけたところ、元気よく、「いも!」とかわいいお返事が聞こえてきました。
ご家族、知人、楽しく和気あいあいとじゃがいも掘りを楽しんでいただきました。

都市農地の役割

都市農地は、安全で新鮮な農産物を食卓に届けるとともに、ヒートアイランド現象の緩和や緑豊かな都市景観の保全、災害時の防災空間、さらに都市住民が自然にふれあう場を提供するなど、様々な役割を担っています。
しかし、この都市農地は年々減少しています。
目黒区と目黒区内の農家の方々は、都市農地を保全するためのひとつとして、区民の皆様に都市農地にふれ、都市農地の大切さを感じていただくことを目的に、収穫体験農園を開園しています。
8月にはぶどう狩り、10月には秋きゃべつの収穫、秋には秋野菜の収穫体験農園、また、9月からは秋野菜を種まきから収穫まで体験できるミニ農業体験農園の開園を予定しています。めぐろ区報や区のホームぺージでお知らせしますので、ご参加ください。

お問合せ

このページは、産業経済・消費生活課 経済・融資係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9880

ファックス 03-5722-9169

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.