このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

元気なお店、活気ある事業所をご紹介します「アイニックス株式会社」

更新日:2019年7月3日

事業所情報

住所

目黒区大橋一丁目6番2号 KDX池尻大橋ビル

電話

03-5728-7500

代表取締役

平本 純也 氏

設立

1994年3月設立

Googleマップ

自動認識に関するニーズにワンストップで対応

 再開発で街並みがさらに美しくなった東急田園都市線池尻大橋駅周辺エリア。立ち並ぶビルの一角に本社を構えるのが、アイニックス株式会社です。同社は平成6年(1994年)に現代表取締役の平本純也さんが起業、以来約25年にわたって自動認識技術のコンサルタントや自動認識技術関連のパッケージソフトウェアの開発など、自動認識技術に関する業務をメインに手掛けてきました。「起業前に勤めていた商社でもバーコードを扱っていましたので、自動認識関連の仕事を始めて、もう40年になります」という平本さん。起業した当時はまだ現在ほど幅広い業種で自動認識が活用されていませんでしたが、商社時代に自動認識の先進国であるアメリカの様子を目近に見ていた平本さんは、日本でもこの分野が成長することを確信していたそうです。「結果として、当時の見通しは正しかったですね。ちょうどインターネットの発展・普及と時期が重なったこともあって、この20年ほどの間に自動認識の技術は大きく向上し、従来の物流や物品管理などBtoBの分野だけでなく、セキュリティや医療、通信などBtoCの分野でも活用されるようになりました」と平本さん。当然、競合他社も増えましたが、アイニックスは独自の「強み」で、競争に生き残り、発展を続けています。「弊社の強みは、業務をあえて専門化せず、自動認識に関するあらゆる課題に対応するソリューションを提供できる体制を整えていることです。業務を絞ってしまうと、お客様は1つの課題を解決するために、ここはA社、それはB社といった具合に、複数の業者に業務を細分化して依頼しなくてはならず、手間も費用も多くかかってしまいますよね。その点、アイニックスは自動認識に関することならなんでも手掛けていますので、お客様はワンストップで課題を解決することができます」。

平日は社長業、週末は農家の二足のわらじ


 お客様からのあらゆるニーズに応えるため、社員教育への投資は惜しまないという平本さん。会社の理念に「自主・自立・自由」の三つを掲げ、全員が自主的に、自立して、自由な視点で業務に取り組める組織づくりを心がけています。「うちはベンチャーで、社員の数もそう多くありませんから、一人ひとりが自分の頭で考え、自分の意思で動くことを大切にしています。もちろん、私を含め、試行錯誤の中で失敗も繰り返してきましたが、長い目でみるとその失敗が肥やしになって、成長につながることも珍しくないんです」。
 経営者として多忙を極める平本さんですが、実はもう1つの顔を持っています。「平日は会社経営者として全力で働いていますが、週末は一転、茅ケ崎の実家で農業をしています。両親から受け継いだ畑で野菜や果物を栽培、自家用だけではなく、ちゃんと出荷もしています」とのこと。「大変でしょう、と言われることが多いのですが、もともと農作業が好きですし、よい気分転換になります。作業中に仕事のアイディアが生まれることもあるんですよ」。
イノシシやタヌキなど農作物を荒らす害獣対策の「わなタグ」も、農業に詳しい平本さんならではのアイディアから生まれた製品。赤外線センサーで罠にかかった動物を検知し、その情報をメールサーバに転送、管理者に捕獲メールが自動送信されるシステムです。
「あちこちにわなをしかけていると全部見回るのが大変ですが、このシステムを使えば、わなにかかったときだけ行けばいいので、すごく楽。利用者の皆さんにはご好評をいただいています。これから少子高齢化が進むと、農業でも人手不足がますます深刻になるはず。弊社の技術で少しでも問題解決できるよう、これからも努力していきたいと思います」。

「より良い形で技術を次世代に引き継ぐこと」を目標に

 企業からもうすぐ25年、今も精力的に事業拡大を続けるアイニックスですが、今後の課題としては「事業継承」を挙げています。「私も60歳を超えました。まだしばらくは現役で働くつもりですが、最終的には、これまで培ってきた技術やノウハウを、適切な形で次世代に引き継いでいきたいと考えています。誰にどのような形で会社に引き継ぐことになるにせよ、より良い形で引き継げるよう、目の前の仕事を確実に誠実に続けていきます」と平本さん。「お取引先の皆様や社員はもちろん、地元・目黒区のサポートもあって、ここまで会社を続けてくることができました。これからもベンチャー企業らしい、先進気鋭のチャレンジ精神を忘れず、いろいろな課題に挑戦し、技術の力で皆様のお役にたてるよう努力していきたい」と話しています。

お問合せ

このページは、産業経済・消費生活課中小企業振興係が担当しています。

所在地 〒153-0063 目黒区目黒二丁目4番36号

電話 03-3711-1134

ファックス 03-3711-1132

本文ここまで

サブナビゲーションここから

元気なお店、活気ある事業所

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.