このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

元気なお店、活気ある事業所をご紹介します 「株式会社中央歯科補綴研究所」

更新日:2018年4月16日

事業所情報

住所

目黒区大岡山一丁目35番22号 ニッカンビル2F

電話

03-3725-1995

代表取締役

木村 正 氏

創業

1987年3月

Googleマップ

人に喜ばれる仕事を夢見て

 今年、創業31年目を迎える中央歯科補綴研究所は、補綴(ほてつ)物(歯の被せ物)を製作する歯科技工所です。ビルの1フロアを占める広々とした研究所は、オフィスのほか、CADルームや技工室など業務ごとに分かれており、どこも清潔で、明るい雰囲気と活気に満ちています。
 同研究所の創業者で、現・代表取締役を務める木村正さんが歯科技工の仕事に興味を持ったのは、中学生のころ。漠然と「将来はサラリーマンではなく、経営者になりたい」と考えていたという木村さんは、ある日、同居していた祖母が「ああ、今日はご飯が美味しい」と喜んでいる姿を目にしました。理由を尋ねると、祖母は「腕のいい人に入れ歯を作ってもらったから、しっかり噛めるようになって、本当に嬉しい」と言って、新しい入れ歯を見せてくれたそうです。このとき初めて歯科技工士という職業を知った木村さん。人づてに紹介してもらった技工所を見学に行くなどして、情報を集めるうちに「自分も技工士になりたい」と思うようになりました。木村さんは「人に喜ばれる仕事であること、そして技工士のほとんどがサラリーマンではなく独立して仕事をしている点に惹かれました。自分の努力次第で成長することもできる素晴らしい仕事だと思い、本格的に技工士を目指すことにしたのです」と振り返ります。
 そこで高校卒業後、迷わず歯科技工の専門学校に入学した木村さんは、昼は学校で勉強、夜は技工所でアルバイトをして腕を磨くことに専念しました。卒業後は、当時最先端の技術で知られていた都内の技工所に就職、日夜を問わず懸命に働いた甲斐あって、わずか3年で所長に就任。24歳のときには、経営者になるという夢を果たすべく、独立開業に踏み切りました。

歯科技工士業界のイメージを刷新したい

若き経営者となった木村さんは、着々と業務を拡大していきましたが、経営者として歯科技工業界が抱える問題に直面することになりました。
「納期に間に合わせるために長時間労働や徹夜は当たり前。家庭工業的な小さな技工所では福利厚生も十分に整っておらず労働条件が劣悪なところも珍しくありませんでした。あまりの大変さにせっかく国家資格を持っているのに離職してしまう技工士が相次ぎ、世間では歯科技工=ブラック業界というイメージが定着してしまっています。特に若者には敬遠されてしまい、歯科技工士を目指す者は減少の一途。高齢化時代で歯科技工へのニーズは高まっているのに業界は慢性的な人手不足。実際、弊社でも以前は離職者が相次ぎ、人手を確保するのが大変だった時期がありました。せっかく雇って一人前に育てても、離職してしまうケースも重なって、なかなか思うような経営ができなかったのです」と木村さん。
そこで熟考を重ねた結果、やはり経営体制を見直さない限り、これ以上の成長はないと決意。経営学を独学し、「社員にとって働きやすい環境」を追求し、勤務体制の見直し、オフィスのリニューアルなどを次々に実行してきました。
女子社員が長く働けるように産休・育休制度を整え、高齢者も積極的に採用するなどした結果、今では勤続10年、20年という社員も珍しくありません。
これまでの取り組みを、木村さんは「社員が安心して働ける環境が整っているからこそ、よい仕事ができ、お客様に喜んでもらえ、社会貢献もできるのだということを、今、実感しています」と振り返ります。

歯科技工のデジタル化にいち早く対応、日本一の歯科技工所を目指す

同時に、木村社長は製作する補綴物の品質の向上にも長年取り組んできました。現在の主力商品はインプラントや人工ダイヤモンドを材料とする「ジルコニア人口歯」。2006年には生産効率向上を目指して、歯科技工のデジタル化にいち早く対応、ドイツから補綴物の加工機器・CAD/CAMシステムを導入しました。「まだ日本で本格的にデジタル化が進んでいない時期に、いち早くデジタル化に踏み切ったことが、結果として弊社の大きなアドバンテージとなりました。おかげで、今ではデジタル技術と歯科技工士の匠の技の両方の長所を生かし、より質の高い製品とサービスを実現することができるようになりました」と木村さん。今でも「選ばれる技工所」であるために、必要があれば海外まで情報収集に出かけるようにしているそうです。
 こういった様々な経営努力が功を奏し、木村さん率いる中央歯科補綴研究所は、社員33名を擁し、全国に700を超える顧客をもつ日本有数の歯科技工所に成長しました。でも、まだ決して今がゴールではないと木村社長は語ります。
「歯や口腔の健康は全身の健康状態に大きな影響を及ぼします。この意味でも、超高齢社会を迎える日本において、私たち歯科技工士に期待される役割はますます大きくなるはず。これからも社員一丸となって成長を続け、日本一の歯科技工所を目指します。そして、歯科技工を通じて皆様の健康をサポートし、よりよい長寿社会の実現に貢献していきたいと考えています」。

お問合せ

このページは、産業経済・消費生活課中小企業振興係が担当しています。

所在地 〒153-0063 目黒区目黒二丁目4番36号

電話 03-3711-1134

ファックス 03-3711-1132

本文ここまで

サブナビゲーションここから

元気なお店、活気ある事業所

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.