このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

アスベスト(石綿)調査についての質問と答え

更新日:2017年3月1日

問1 調査助成の対象である「アスベスト」とは、どんなものですか

吹付けアスベストは、昭和50年頃までに建設された店舗併用住宅や鉄骨・鉄筋住宅を主に、耐火や吸音のためにH鋼やコンクリートスラブの表面に吹付けられている場合があります。昭和50年に吹付けアスベストが原則禁止となってからも、一部でアスベストを含有する吹付けロックウール等が使用されていました。
平成18年9月から、含有量0.1パーセントを超えるアスベストを使用する建築工事は、全面的に禁止となりました。
室内等で注意が必要なのは、壁や天井に吹付けられたアスベストがむき出しの状態になっている場合です。吹付けアスベストは、セメント等の含有率が少ないため、経年劣化とともにアスベストが飛散しやすくなります。

詳しくは、東京都環境局ホームページの中の「東京都アスベスト情報サイト」をご参照ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京都環境局「東京都アスベスト情報サイト」

問2 「アスベスト」かどうかは、どのように調べればよいのですか

建築物を施工した業者に問い合わせ、設計図書(建築時の施工図・材料表等)で確認します。建築時等の情報がない場合は、目視での確認やアスベストが規制された年代と建築年次、使用されている用途などから類推する方法があります。
アスベスト使用が原則禁止となった昭和50年以前の建物は、アスベスト含有の可能性が高くなりますが、禁止以後も暫くの間は、ロックウールに5パーセント未満のアスベストを混ぜて使用していたものがあること、設計書と異なった施工も多いことなどから、はっきり使っていないと確認できなければ、専門の調査機関による分析調査を行います。

詳しくは、東京都環境局「東京都アスベスト情報サイト」の「建築物アスベスト点検の手引」をご参照ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京都環境局「東京都アスベスト情報サイト」

問3 専門の検査機関への依頼方法やかかる費用は、いくらですか

専門調査機関の分析費用は、数万円から十数万円がかかりますが、目黒区では、費用の半額(限度額:戸建10万円、分譲集合住宅・事業用建築物20万円)を助成します。
アスベストを含有していることが判明した場合の飛散防止措置や除去について、目黒区民の方などは、「目黒区住宅リフォーム資金助成制度」が活用できる場合があります。

融資制度

住宅リフォーム資金助成制度、住宅修築資金融資については、目黒区住宅課居住支援係(電話番号 03-5722-9878)までお問い合わせ下さい。

工業近代化資金融資(アスベスト除去等資金融資)については、目黒区商工相談所(電話番号 03-5722-9880)までお問い合わせ下さい。

都内の専門の検査機関の紹介は、下記の協会などにお問い合わせください。

公益社団法人 日本作業環境測定協会(03‐3456‐0443)
http://www.jawe.or.jp/

一般社団法人 JATI協会(旧日本石綿協会)(03‐5765‐2381)
http://www.jati.or.jp/

お問合せ

このページは、環境保全課 公害対策係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9384

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.