このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

脳性まひのお子様とご家族の皆様へ

更新日:2017年11月9日

 お産に関連して重度脳性まひとなり、所定の要件を満たした場合に、お子様とご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性まひ発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に役立つ情報を提供することなどにより、産科医療の質の向上などを図ることを目的に、産科医療補償制度が創設されました。
 この制度は2009年に創設され、公益財団法人日本医療機能評価機構により運営されています。

補償内容

補償金

補償の対象に認定された場合、一時金と分割金をあわせ総額3,000万円の補償金が支払われます。

補償の対象

次の(1)から(3)の基準をすべて満たす場合、補償対象となります。
なお、お子様の出生年によって基準が一部異なります。

産科医療補償制度対象
  2014年12月31日までに出生したお子様の場合 2015年1月1日以降に出生したお子様の場合
(1) 在胎週数33週以上で出生体重2000グラム以上、または在胎週数28週以上で所定の要件 在胎週数32週以上で出生体重1400グラム以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
(2) 先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ 先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ
(3) 身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ 身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ

生後6か月未満で亡くなられた場合は、補償対象となりません。

補償申請できる期間

補償申請できる期間は、お子様の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです
(ただし、極めて重症であって、診断が可能となる場合は、生後6か月から補償申請可能です。)

お問い合わせ先

詳細については、運営組織である、公益財団法人日本医療機能評価機構の産科医療保障制度ホームページを参照いただくか、お産した分娩機関または下記専用コールセンターにお問い合わせください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。産科医療保障制度ホームページ(公益財団法人日本医療機能評価機構)

産科医療保障制度専用コールセンター 0120-330-637 受付時間9時から午後5時(土日祝日・年末年始を除く)

お問合せ

このページは
障害福祉課身体障害者相談係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9850

ファックス 03-3715-4424

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害者の年金・給付金

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。