このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

転入・転出・転居

更新日:2016年5月17日

「通知カード」をお持ちください

平成27年10月5日以降、住民票のあるすべてのかた(外国人住民を含む)にマイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」が順次送付されます。
「通知カード」を受領してから、お引越し(転入・転出)や婚姻などにより、住所、氏名が変更となる場合には、カードの裏面に変更内容を記載しますので、変更のあるかたは「通知カード」をお持ちください。

転入・転出のご案内

転入・転出の受付

目黒区総合庁舎または地区サービス事務所です。

受付時間

総合庁舎、地区サービス事務所ともに受付は祝日・年末年始を除く月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までです。
受付窓口では、混雑状況によりお待たせする場合があります。お時間に余裕を持ってお越しください。

第四日曜日の受付について(総合庁舎のみ)

  • 平日に手続きに来られない方のために、第四日曜日に総合庁舎で転入届、転出届などを受付けています。
  • 受付時間は、午前10時から午後4時30分までです。
  • 児童手当や国民健康保険などは受付ができません。後日、手続きが必要な場合があります。
  • 住民基本台帳カードを使用する転入届・転出届や他の区市町村に確認が必要な場合は受付ができません。

地区サービス事務所

区内には、目黒区総合庁舎のほかに4カ所(北部、中央、南部、西部)の地区サービス事務所があります。

(地区サービス事務所一覧)

  • 北部地区サービス事務所
  • 中央地区サービス事務所
  • 南部地区サービス事務所
  • 西部地区サービス事務所

地区サービス事務所では、住民登録や印鑑登録などの受け付けや各種証明書の発行、国民健康保険・国民年金の加入の手続きなども行っています(目黒区総合庁舎では各担当課で取り扱います)。身近な窓口としてご利用ください。

外国人住民のかた

外国人住民のかたの国民健康保険、国民年金、介護保険の加入手続きについては、目黒区総合庁舎をご利用ください。

行政サービス窓口

なお、行政サービス窓口(駒場、目黒駅、緑が丘の3カ所)では、証明書の発行業務のみを行っております。引越しに伴う転入・転出・転居等の手続きはできません。ご注意ください。

問合わせ

戸籍住民課住民記録係 電話 03-5722-9884

住民票の異動手続きは忘れずに

住民票は、個人の居住関係を証明するものであるとともに、選挙人名簿・国民健康保険・国民年金および義務教育の就学などの基礎となるものです。

住所が変わった場合は、2週間以内に、区役所本庁舎・各地区サービス事務所で住所の異動手続きをしてください。
手続きが遅れると5万円以下の過料に処せられる場合があります。外国人住民のかたは、違反した場合、20万円以下の罰金や在留資格の取消(中長期のみ)になる場合があります。

なお、「住民基本台帳カード」をお持ちのかたは、転出証明書がなくてもお引っ越し先の市区町村に転入届ができる場合があります。詳しくは「転入届の特例」のページをご覧ください。

本人確認書類をお持ちください

第三者による虚偽の届け出を防止するため、区では、本人確認書類の提示などによる、来庁者の本人確認を行っています。届け出に来庁される方は、下記の本人確認書類をお持ちください。

本人確認書類等の種類

住基カード・運転免許証・社員証や旅券(パスポート)・在留カード・特別永住者証明書・旧外国人登録証明書・学生証など顔写真のあるものは1点、健康保険証など顔写真のないものは2点以上お持ちください。

代理による届け出は委任状が必要です。

代理のかたが届け出においでになる場合は、依頼を受けたことを確認するため原則として委任状が必要です。

住民異動届の各種届け出

住民異動届の各種届け出(一覧表)
種類 必要な場合 届け出期間 届け出に必要なもの
転入届 区外から区内に引っ越した 引っ越した日から14日以内 ・前住所地発行の転出証明書
・在留カード(特別永住者証明書)
・通知カード(平成27年10月5日以降順次送付されます)
転出届 区内から区外に引っ越しする 引っ越しの日まで ・印鑑登録証(登録者)*下記「2印鑑登録証について」参照
・国民健康保険証(加入者)
・後期高齢者医療保険証(加入者)
・介護保険証(加入者)
・在留カード(特別永住者証明書)
転居届 区内で引っ越した 引っ越した日から14日以内 ・国民健康保険証(加入者)
・後期高齢者医療保険証(加入者)
・介護保険証(加入者)
・在留カード(特別永住者証明書)
・通知カード(平成27年10月5日以降順次送付されます)
国外への転出届 国外に転出する(原則1年以上国外に居住する) 国外に転出する前 ・印鑑登録証(登録者)*下記「2印鑑登録証について」参照
・国民健康保険証(加入者)
・通知カード(平成27年10月5日以降順次送付されます)

1届け出の際のご注意

1.海外から転入及び入国される場合

  • 日本人のかたの海外からの帰国の場合は、帰国されるかた全員のパスポート(入国日を確認します)、戸籍謄(抄)本、戸籍の附票が必要です。
  • 外国人住民のかたが入国し、目黒区に住まいを設定される場合は、入国されるかた全員の在留カードとパスポート(入国日及び在留資格などを確認します)を区役所にお持ちになり、住居地の届出をしてください。
  • 入国審査の際にパスポートに押されるスタンプ(認証)で、入国日を確認させていただいています。自動化ゲートを通られる場合は、入国管理局の職員に申し出て入国スタンプを押していただくようお願いします。入国スタンプがない場合は、帰国(入国)時の航空券の半券を必ずお持ちください。

2.転出届は郵送でも手続きできます。転出申出書(郵送用)をご覧ください。
3.自宅の新築・改築が伴うときは住居番号(住所)を定めるために、住居表示の届け出も必要です。また、建売住宅や中古住宅にお住まいになる方は名称変更の届け出が必要になります。詳しくは住居表示の届け出(建物の新築の届出)をご覧ください。

2印鑑登録証について

転出及び国外移住の届け出をされる際に、紛失等により印鑑登録証が手元にない場合、お返ししていただく必要はありません。目黒区での印鑑登録は、転出届又は国外移住届を提出することで自動的に抹消されますので、後日、印鑑登録証が見つかった場合は、ご自身でハサミを入れる等して処分してください。

新しい住所地での転入手続きなど

転出届を提出されたかたに窓口等でお渡ししている「目黒区から転出されるみなさまへ」(手続き一覧)です。ご利用ください。

関連するページ

くらしのガイド 引っ越しに関する手続き・証明

転出申出書(郵送用)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問合せ

このページは
戸籍住民課住民記録係が担当しています。

所在地 〒153-8573目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9884

ファックス 03-5721-7814

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

シャツ姿の画像

5月1日から10月31日まで職員は軽装で執務いたします
区役所や地区サービス事務所などでは、室温を28度以上に設定しています。このため、職員はノーネクタイ、ノー上着の軽装で執務いたします。

レッドリボン

HIV・性感染症臨時検査を実施します
感染の有無にかかわらず、自分の体のことを知っておくことはとても大切です。この機会に是非検査を受けましょう!

スマートフォンを操作する画像

めぐろ区報電子書籍版
毎月5日、15日、25日発行(1月5日は休刊)で、区の施策・事業・行事などをお知らせしています。

「めぐろ子育てホッ!とブック」表紙画像

めぐろ子育てホッ!とブック
出産前のかたから小学校3年生くらいまでのお子さんを育てているかた向けに、子育てに関する情報を集約して掲載しています。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。