このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 入札・公売・契約 の中の 事業者の決定 の中の 第四中学校跡地(A用地)における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備運営事業者の選定結果をお知らせします のページです。

本文ここから

第四中学校跡地(A用地)における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備運営事業者の選定結果をお知らせします

更新日:2017年4月6日

第四中学校跡地(A用地)における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備運営事業者の公募について、事業者を決定しましたのでお知らせします。

決定事業者の概要等

決定事業者

  • 法人名 社会福祉法人徳心会
  • 所在地 東京都青梅市新町九丁目2153番地3

施設概要等

  • 建物構造 地下1階、地上5階建て、鉄筋コンクリート造り
  • 延床面積 11,498.92平方メートル
  • 建物高さ 17メートル

整備事業

高齢者施設

  1. 特別養護老人ホーム(ユニット型、定員120名)
  2. ショートステイ(ユニット型、定員24名)
  3. 防災拠点型地域交流スペース
  4. 看護小規模多機能型居宅介護(登録定員29名、通所定員15名、宿泊定員5名)
  5. 認知症対応型通所介護(定員12名)
  6. 都市型軽費老人ホーム(定員20名)
  7. 防災備蓄倉庫(区使用)

障害者施設

  1. 身体障害者入所施設(定員18名)
  2. ショートステイ(定員2名)
  3. 障害者通所施設(生活介護、定員40名)
  4. 指定特定相談支援事業所
  5. 基幹相談支援センター(区からの委託事業)

併設事業

  1. 訪問看護
  2. 地域サロン

応募の状況

  • 応募事業者 9事業者(うち2事業者辞退)
  • 二次審査対象事業者 5事業者(うち1事業者辞退)

選定までの経緯

  • 平成28年8月 事業者説明会、事業者公募開始
  • 平成28年9月 応募申込み締切り
  • 平成28年11月 事業提案締切り
  • 平成29年1月 一次審査(書類審査)
  • 平成29年2月 二次審査(ヒアリング審査)、事業者決定

選定方法

  1. 審査は、学識経験者3名、地域福祉に関する有識者1名、経営に関する有識者(公認会計士)1名、区管理職3名の計8名からなる「第四中学校跡地(A用地)における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備運営事業者選定委員会」が行いました。
  2. 辞退した法人を除く7法人より提出された事業提案書について法人体制(公認会計士による財務審査を含む)、事業計画、複合施設運営、各事業運営、施設整備計画、近隣への配慮等について書類審査を行い、二次審査の対象となる5法人を決定しました。
  3. 二次審査として、辞退した法人を除く4法人に対するヒアリングを行い、複合施設の運営管理、事業運営、人材確保に対する考え方、近隣への配慮、事業に対する積極性や熱意など事業提案に対して総合的に評価し、一次審査の得点との合計により、選定事業者を決定しました。
 
結果 法人名称 書類審査
(満点3885点)
ヒアリング
(満点910点)
合計点
(満点4795点)
選定事業者 社会福祉法人徳心会 2520 744 3264
次点 社会福祉法人a 2666 554 3220
  社会福祉法人b 2493 684 3177
  社会福祉法人c 2392 508 2900

今後の予定

  • 平成29年3月以降順次 近隣説明会
  • 平成30年度 既存建物解体工事、建築工事着工
  • 平成32年度 開設

第四中学校跡地(A用地)における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備運営事業者公募の経過

第四中学校跡地の活用については、「第四中学校跡地活用計画」において、校舎棟・特別教室棟・運動場用地の敷地を分割し、北側のA用地については高齢者施設及び障害者施設を、南側のB用地に認可保育所を、C用地(サブコート)には障害者グループホームを整備する活用案を決定しました。
この第四中学校跡地活用計画により整備する施設のうち、A用地における高齢者施設及び障害者施設を整備・運営する事業者を募集します(終了しました)

公募事業

高齢者施設関係

  1. 特別養護老人ホーム(ユニット型)・・定員144名以上(ショートステイ含む)
  2. ショートステイ(ユニット型)・・特別養護老人ホーム定員の1割以上
  3. 防災拠点型地域交流スペース・・190平方メートル以上
  4. 小規模多機能型居宅介護・・登録定員29名
  5. 認知症対応型通所介護・・定員12名
  6. 都市型軽費老人ホーム・・定員20名
  7. 防災備蓄倉庫(区使用)・・階高3メートル以上、延床面積200平方メートル程度

障害者施設関係

  1. 身体障害者入所施設(個室)・・定員18名(医療的ケアを要する者含む)
  2. 短期入所・・2床(うち1床は緊急利用枠)
  3. 障害者通所施設(生活介護)・・定員40名(入所施設利用者18名、外部通所者22名)
  4. 相談支援
  5. 基幹相談支援センター(区の委託事業)

その他自由提案による併設施設

貸付予定地等

  • 所在地・・目黒区下目黒六丁目18番2号
  • 貸付面積・・6,805.07平方メートル(現況実測地)
  • 現況・・校舎、体育館、運動場
  • 貸付期間・・50年及び工事期間

既存建物の解体

本件土地は、現状のまま引き渡す。既存建物等(旧校舎、屋内運動場(プールを含む。)、その他工作物等)の解体は、事業者の責任及び負担により行う。解体撤去に要した費用(解体工事費のみ)については、当該貸付地の貸付料において、減額措置を講じる。

応募資格

平成28年8月1日現在、次の要件を全て満たす社会福祉法人とする。
なお、特別養護老人ホームに定員30人未満の障害者入所施設を特例により併設するため、高齢者施設及び障害者施設の整備・運営事業者は同一法人とし、一体的かつ効率的な運営を行うこととする。

  1. 特別養護老人ホームを1年以上運営していること。
  2. 障害者入所施設または障害者通所施設(生活介護)を1年以上運営していること。
  3. 東京都が定めた直近の「社会福祉施設整備費補助対象法人審査要領」の審査基準を満たしていること。

整備費補助(予定)について

施設整備にあたっては、高齢者施設及び障害者施設について東京都及び区の補助制度を活用できます。
なお、障害者施設については、東京都の補助制度を活用する場合は条件がありますので、下記の公募要項の9ページの「障害者施設整備費補助」を確認してください。

公募スケジュール(予定)

  • 事業者説明会・現地説明会 8月29日(月曜日)
  • 応募申込書提出期間 9月13日(火曜日)から23日(金曜日)まで
  • 事業提案書提出期間 11月10日(木曜日)から18日(金曜日)まで
  • 事業者の決定 平成29年2月
  • 平成32年度開設

事業者説明会及び現地見学会(終了しました。)

事業者説明会

日時 平成28年8月29日(月曜日) 午前10時30分から正午まで
場所 目黒区総合庁舎2階 大会議室
なお、説明会に参加しなくても本公募への応募は可能です。

現地説明会

日時 平成28年8月29日(月曜日) 午後2時から午後4時まで
場所 第四中学校
住所 目黒区下目黒六丁目18番2号

当日は、現地での説明はありません。午後2時から午後4時までのご都合のよい時間においでください。
車での来場はご遠慮ください。

質疑及び回答

質疑の受付(終了しました。)

  • 受付期間 平成28年8月29日(月曜日)から9月2日(金曜日)まで
  • 以下の質問票に記載の上、9月2日(金曜日)までに送付してください。
  • 回答方法 9月13日以降(予定)にホームページに回答を掲載します。

質疑の回答

第四中学校跡地における特別養護老人ホーム及び身体障害者入所施設等整備・運営事業者公募要項

事業提案書様式集

関連するページのリンク

第四中学校跡地活用計画を策定しました

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは
高齢福祉課 介護基盤整備係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9607

ファックス 03-5722-9474

本文ここまで

サブナビゲーションここから

入札・公売・契約掲示板

ホームページのバナー広告募集イメージ画像

ホームページのバナー広告募集
バナー広告掲載料は月額20,000円です。6か月・12か月のお申込みには割引があります。

イメージ画像

「エコアクション21 CO2削減プログラム」参加事業者募集
このプログラムに取り組む事業者に対して、環境経営の専門家を派遣し(費用は国が全額負担)、CO2の削減と環境経営への取組を支援します。

イメージ画像

電子申請サービスのリニューアル
平成27年3月31日以前に利用者登録をしていたかたは、改めて登録してください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。