このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の イベント情報 の中の 催し物 の中の めぐろ歴史資料館 開館10周年特別展「目黒の産業ことはじめ」 のページです。

本文ここから

めぐろ歴史資料館 開館10周年特別展「目黒の産業ことはじめ」

更新日:2018年9月25日

めぐろ歴史資料館は開館10周年の節目を迎えました。

めぐろ歴史資料館は、9月21日に開館10周年を迎えます。それを記念し、目黒火薬製造所、水車、大日本麦酒株式会社だいにほんびーるかぶしきがいしゃ、耕地整理を中心に、目黒における産業のはじまりを振り返る特別展を開催します。

開催概要

会期

平成30年9月29日(土曜日)から平成30年12月9日(日曜日)まで

会場

めぐろ歴史資料館企画展示室、体験学習・資料閲覧室(目黒区中目黒三丁目6番10号)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで

休館日

毎週月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は翌日休館)

入館料

無料

展示内容

プロローグ

明治時代の産業の萌芽期として、江戸時代に目黒の村で営まれていた生業について、古文書や写真パネルを用いて紹介します。

江戸幕府の焔硝蔵えんしょうぐらから目黒火薬製造所へ

幕末になると、江戸幕府は、三田村に焔硝蔵を置き、また、砲薬調合のために、中目黒村に三田用水を利用した水車を設置しました。明治時代には、その跡地が目黒火薬製造所となります。このコーナーでは、目黒に幕府の水車が設置された理由や、明治時代に目黒火薬製造所の拡張により、茶屋坂の位置が改変されたこと等について、古文書や地図等を用いて紹介します。

「目黒の水車」再考

明治時代の目黒には、川や用水を利用した水車が設置され、それを利用した精米・製粉などの小規模産業が発達しました。かつて「目黒区史」では水車数を17か所から18か所としていましたが、その後の資料により、さらに多くの水車が確認できました。このコーナーでは、旧家に残った水車関係の古文書等を紹介します。

大日本麦酒株式会社と三田用水

大日本麦酒株式会社が現在の目黒区三田に建設された理由は、鉄道の運輸力を利用できる利便性とともに、三田用水を工業用水等として利用できたからでした。このコーナーでは、店舗にかかげられた看板のほか、工場や三田用水の写真等を紹介します。

目黒の耕地整理と宅地化の進展

関東大震災(大正12(1923)年発生)以後、被害の少なかった目黒地域に被災者が移住した結果、人口の増加や宅地化が進み、目黒では耕地整理が活発に行われるようになりました。このコーナーでは、「碑文谷第二耕地整理組合」の活動内容や、人口増加がもたらした「碑衾町ひぶすまちょう」地名改称問題等について紹介します。

担当学芸員による展示解説

日時

10月13日、10月27日、11月10日、11月24日、12月8日
いずれも土曜日、午後2時から午後2時30分まで

参加方法

申し込みは不要です。時間までに展示室へお越しください。

ポスター・チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、めぐろ歴史資料館が担当しています。

所在地 〒153-0061 目黒区中目黒三丁目6番10号

電話 03-3715-3571

ファックス 03-3715-1325

本文ここまで

サブナビゲーションここから

催し物

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.