このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 人権・男女平等 の中の 人権 の中の 心の輪 の中の 心の輪(人権に関する連載) 25年度 の中の 地域で高齢者の尊厳を守る 高齢者虐待防止 (めぐろ区報 平成25年8月25日号に掲載した記事です) のページです。

本文ここから

地域で高齢者の尊厳を守る 高齢者虐待防止 (めぐろ区報 平成25年8月25日号に掲載した記事です)

更新日:2015年9月30日

自分の生活を自分で決め、その意思が尊重されること、つまり人生を尊厳をもって過ごすことは、介護の必要性の有無に関わらず誰もが望むことです。しかし現実には、家族や親族などが高齢者の人権を侵害する「高齢者虐待」が問題となっています。

虐待に当たる行為は、暴力行為だけではありません。区の24年度調査では、身体的虐待に次いで、心理的虐待、介護・世話の放棄・放任、経済的虐待の順に多い結果となり、暴力以外の虐待も見過ごせない状況です。

また、虐待する人は、高齢者本人の娘が38パーセント、息子が35パーセント、配偶者が14パーセントの順となっており、同居者からの虐待が92パーセントを占めています。虐待を受けた高齢者は、女性が8割以上と圧倒的に多く、また、80歳以上が6割以上を占めています。

高齢者虐待が起こる背景には、「介護疲れ」「高齢者本人と虐待者の人間関係」「経済的困窮」など、さまざまな要因がありますが、「認知症の介護に伴う負担」もそのひとつです。認知症の高齢者とその家族への支援が、虐待防止のうえでも重要といえます。

先が見えないのが、介護の難しいところです。「自分がやらなくては」と頑張る人ほど介護の負担を抱え込み、心身ともに疲れ果ててしまう傾向があるようです。どんな小さな悩みでも、高齢者相談の窓口である各包括支援センターにご相談ください。

一方で、高齢者の中には、つらくても、また不満があっても、それを口に出せない人がいます。高齢者虐待の問題は、発生から時間が経過するとともに事態が深刻化する場合が多いため、できるだけ早い段階での対応が重要です。そのためには、高齢者にとって身近な地域の皆さんからの情報提供がとても大切です。

「最近顔を見ない」「急に元気がなくなった」「室内から大きな物音や声がする」などといった、高齢者とその周辺の異変に気づいた時には、各包括支援センターにご連絡をお願いします。

高齢者虐待は誰の身近にも起こりうる問題です。皆さんの発見により、虐待の早期対応につなげることができるのです。

お問合せ

このページは、人権政策課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9214

ファックス 03-5722-9469

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.