このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

目黒区交通バリアフリー推進基本構想 これまでの検討内容

平成13年度

区内鉄道駅及び目黒区を徒歩圏とする近接駅周辺地区のおおむね半径500メートル圏で現況調査を実施しました。調査では 、高齢者団体や障害者団体等の意見を踏まえ 、目黒区交通バリアフリー推進における基本方針や重点的にバリアフリー化を進める地区(重点整備地区)の位置づけ及び考え方を構想素案として整理しました。素案の中では、交通バリアフリー推進地区として中目黒・都立大学・自由が丘駅周辺地区の3駅を抽出し、特定経路などを候補に掲げました。また、中長期的な見通しを立てて計画的に地域の特性に応じて柔軟に取り組む地区(福祉のまちづくり推進地区)の設定と基本的な考え方についても構想素案の中に含めました。

平成14年度

次の取組みを行いながらバリアフリー推進基本構想案を作成しました。
(ア)交通バリアフリー推進基本構想協議会を設立し、交通バリアフリー推進地区(候補)について実施すべき特定事業、実現化方策等を検討しました。
(イ)地元懇談会(中目黒・都立大学・自由が丘)や関係所管から意見・要望を収集しながら、関係特定事業者とも協議しつつ、交通バリアフリー推進地区(候補)及び特定経路(候補)の精査を行いました。
(ウ)福祉のまちづくり推進地区の基本的な考え方及び個別方針を検討しました。

平成15年度

次の取組みを行いながらバリアフリー推進基本構想を策定しました。
(ア)交通バリアフリー推進基本構想協議会において、交通バリアフリー推進地区について実施すべき特定事業、実現化方策等について協議調整していきました 。
(イ)地元懇談会や福祉団体等との話し合いを通じて、意見調整を行いながら交通バリアフリー推進基本構想案を精査し、構想の取りまとめを行いました。
(ウ)福祉のまちづくり推進地区の個別方針を基本構想に取り込みました。

区民への周知

構想について、区報、ホームページにその内容を掲載しました。

今後の取組みとこれまでの検討内容

1.今後の取組み
交通バリアフリー推進地区では、平成16年度から特定事業について関係事業者が事業計画を作成し、平成22年度を目途に事業の着手・完成を目指します。
福祉のまちづくり推進地区では、地区別に事業計画を作成し取り組みます。
詳細は「目黒区交通バリアフリー推進基本構想のページ」をご覧ください。
2.これまでの検討内容

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区交通バリアフリー推進基本構想(平成16年3月策定)の経過

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.