このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の ケニア共和国とのホストタウン事業にかかる覚書の締結(平成29年11月7日) のページです。

本文ここから

ケニア共和国とのホストタウン事業にかかる覚書の締結(平成29年11月7日)

更新日:2017年11月14日

11月7日(火曜日)、目黒区内にあるケニア共和国大使館とホストタウン事業にかかる覚書の締結式が行われた。
午後0時45分に、ケニア共和国大使館特命全権大使「ソロモン・カランジャ・マイナ閣下」が目黒区総合庁舎に到着すると、大勢の関係者や区職員らがケニア共和国の旗を振りながら「Jamboじゃんぼ!(スワヒリ語で『こんにちわ』の意味)」と、熱烈な歓迎が行われた。

覚書の締結にあたり青木英二目黒区長は、「ケニア共和国は、陸上競技が大変盛んなので、目黒の子どもたちに陸上競技の素晴らしさを伝えていただくことなど、様々な交流を推進してまいります。また、東京2020大会期間中は、区としてもケニア共和国の選手の応援に力を入れていきたいと考えています。今後とも、スポーツ、文化、教育など幅広い分野で、ケニア共和国大使館と目黒区との友好交流が末永く発展することを期待しています。」と挨拶が行われた。

ソロモン・カランジャ・マイナ閣下からは、「ケニア大使館は1989年に目黒区に移転して以来、長年に渡り目黒区との友情を深めてきました。ホストタウン事業における目黒区とケニア大使館の連携は、両国のスポーツ分野におけるこれまでの功績を称えるものとなります。このパートナーシップが相互利益をもたらすために、両者の友好関係と文化交流を更に深めていくことを心より願っております。」と挨拶を行った。
ホストタウン事業にかかる覚書は目黒区長とケニア大使がそれぞれ署名を行い、これを相互に取り交わすことにより、滞りなく覚書の締結が成立した。


関係者による記念撮影

覚書締結に至った経緯

ケニア共和国大使館が1989年に目黒区八雲に移転。「MIFA国際交流フェスティバル」への参加やリオデジャネイロ2016オリンピック・パラリンピック競技大会に際し、母国語応援メッセージビデオにいち早く協力した。さらに、目黒区が主催する「新年のつどい」や「平和祈念のつどい」等への参加や、昨年実施した目黒シティランには、留学生をゲストランナーとして参加するなど、日頃から地域との交流を積極的に進めてきた。2016年5月に、ケニア共和国大使館の大使が区長を訪問し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会での協力の申し出があった。これまでの大使館の目黒区への協力を踏まえ、東京2020大会への機運醸成の一つとして検討を進め、本日、ホストタウン事業にかかる覚書を調印する次第となった。

この記事の問い合わせ先

文化・スポーツ部 文化・交流課 電話番号 03-5722-9291

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。