このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の オーパス天空庭園収穫祭開催! 節目の5年で記念植樹(平成29年11月18日) のページです。

本文ここから

オーパス天空庭園収穫祭開催! 節目の5年で記念植樹(平成29年11月18日)

更新日:2017年11月27日

11月18日(土曜日)、首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にある「目黒天空庭園」とジャンクションループ内側の「オーパス夢ひろば」で、オーパス天空庭園収穫祭が開催された。
目黒天空庭園は地域をつなぐ新しい公園として平成25年にオープンし、今年5回目の収穫祭を迎えた。公園を拠点に活動している4つの公園活動登録団体(特定非営利活動法人大橋エリアマネジメント協議会、目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ、オーパス夢ひろば運動・スポーツ・遊びクラブ、オーパス・ドッグ・クラブ)が実行委員会を組織し、この収穫祭を開催した。

あいにくの空模様のため、開会式はジャンクション内部の氷川橋通路で開催され、初めに増田裕吉白百合醸造株式会社業販部長から高橋辰三目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ代表に、ワイン「2017天空庭園」の接受があり、来賓及び開会式に訪れた人たちと一緒に「乾杯」が行われた。続いて、目黒区立東山中学校吹奏楽部による見事な演奏が披露されるとともに、東京農業大学チアリーダー部のはつらつとした演技が披露され、あいにくの空模様を吹き飛ばす華やかな開会式となった。

このオーパス天空庭園収穫祭のメインは、「栽培ガーデニングクラブ」が目黒天空庭園で丹精込めて育てたブドウ(一部)を使用し、山梨県のワイン醸造所で醸造されたワイン「天空庭園」のお披露目。今年のブドウの出来具合については、夏の天候不順により不作であった昨年(約28キログラム)に比べると、3倍増の約97キログラムが収穫されたとのこと。ワインの出来具合について、目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ副代表の細尾氏は、「夏の台風等の影響で、やや色付きの薄いブドウがあり、それが今年のワインの色に反映されたようです。味については、酸味もありフレッシュな味わいを楽しむことができます。」と話してくれた。

今回の収穫祭で第5回目を迎えたことを記念して、新たに10株のブドウ苗が植樹された。植樹にあたり青木英二目黒区長は「今回、新たに10株のブドウ苗を植樹することは『ブドウの仲間を増やす、イコール、この公園に携わる仲間を増やす。』との想いからだそうで、地域の皆さまと話し合いを重ねてつくったこの公園が、ボランティア活動のフィールドとしても、しっかりと地域に根付いてきていることを、本日改めて実感しています。今後さらに地域づくり活動の輪が広がっていくことを祈念します。」と挨拶を行った。

収穫祭ではワイン頒布の他にも、公園内で栽培したハーブを使用した焼フランクフルトソーセージの販売や、ふれあい動物園、東京農業大学チアリーダー部の演技、オーパス夢ひろばを利用しているフットサルチームによるトーナメント試合があり、親子連れや、散歩の途中に立ち寄っても楽しめるイベントとなっていた。この他にも、地元で開業している、あおば医院の千木良真保院長による講演会「みなさんの力で救える命『心停止とアナフィラキシーショック』」と題して講演会が行われ、今年の収穫祭が締めくくられた。

この記事の問い合わせ先

みどりと公園課利用係 電話番号 03-5722-9242

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。